海老名版 掲載号:2017年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

茅の輪くぐり健康祈る 文化

弥生神社で「夏越の大祓」

初夏の風物詩、茅の輪くぐり(写真は過去)
初夏の風物詩、茅の輪くぐり(写真は過去)
 市内国分北の弥生神社(池田清宮司)で6月30日(金)に「夏越の大祓式」が執り行われる。時間は午後3時から。参列は誰でも可能。事前予約は不要で希望者は直接会場へ。

 「夏越の祓」は6月に行う日本古来の神事で、約1300年前から伝わるもの。初夏の風物詩としても知られ、茅で作った「茅の輪」をくぐり、正月から半年の罪や災いを祓って長寿や健康に感謝し、残り半年間の無病息災を祈念する。

 全国各地で行われている神事で、家族の健康を願う人や心身のリフレッシュにと、弥生神社にも毎年多くの人が訪れている。

 池田宮司は「日本古来の伝統を通じて、感謝を感じる機会になれば」と話している。

 問合せは同神社【電話】046・231・2595へ。

関連記事powered by weblio


海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

50回目の市民文化祭

50回目の市民文化祭

総勢1000人が参加

10月19日~11月5日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク