海老名版 掲載号:2017年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長に就任した 渡辺 武さん 55歳

働き方改革を縁の下で支える

 ○…県の総会で新支部長に就任した。副支部長を務めていたので「ついに来たか」と自然体で受け入れた。支部は海老名市を含む県央5市1町1村の177人が加盟する。支部の会合などに出てくるのは多くても50人。「士業は独立性を保つ仕事。ただ支部の運営に参加するとタイムリーな情報が得られるので、ぜひ多くの人に参画してもらいたい」と言葉に力を込める。会員の高齢化も深刻だ。

 ○…「働き型改革」が叫ばれる昨今。人手不足や労使トラブルのニュースは、毎日のように聞かれる。就業者の権利意識が高まる一方で、法に則った就業規則等の改定などが進まない中小企業も少なくない。そんな労使双方の「手助け」が社労士の力の見せ所だ。「力になるとやりがいを感じる」。浮かべた優しい笑顔がそのやりがいを表していた。

 ○…生まれは東京の杉並。父の仕事の関係で小学校の頃、ちょうど町が市になったばかりの座間に引っ越してきた。「周りは桑畑ばかりでした」と懐かしそうに振り返る。王・長嶋に憧れた少年時代。父親に連れて行ってもらった後楽園球場は、野球少年だった当時の思い出の場所だ。当時ブームだったボウリングに熱を上げた大学時代。サラリーマンになるつもりが、知り合いの社労士事務所に縁あって就職。自らも26歳で社労士の資格を取得した。2000年に大和市で開業、今に至る。「ほかの仕事をしたことはないけれど、社労士で良かったと思っています」と生真面目な笑顔で語った。

 ○…ストレス発散は音楽鑑賞。好きなのはビートルズ。「中学時代、隣のクラスに熱心なファンの子がいて、触発されて」以来のファンだ。自らも趣味でギターをたしなみ、ポールマッカートニーの来日公演に東京ドームまで出かけたことも。時折出る新譜に、今でも心が躍る。時代に関係なく、色褪せない彼らの音楽が「ハード・デイズ・ナイト」の安らぎとなっている。

海老名版の人物風土記最新6件

市川 雅史さん

海老名市そば商組合の組合長を務める

市川 雅史さん

12月8日号

いげた ゆかりさん(本名:飯島ゆかりさん)

日本新薬こども文学賞の絵画部門で最優秀賞に輝いた

いげた ゆかりさん(本名:飯島ゆかりさん)

12月1日号

清田 一秀さん

「第8回海老名ふれあい農業まつり」の実行委員長を務める

清田 一秀さん

11月24日号

上澤 眞利さん

私設図書館「佐伯有清記念歴史図書館 清心館」を運営する

上澤 眞利さん

11月17日号

奥村 志津子さん

「第17回全国障害者スポーツ大会」の卓球競技で優勝した

奥村 志津子さん

11月10日号

高橋 駿之介さん

「日本学校農業クラブ全国大会」の意見発表・ヒューマンサービス部門で優秀賞を獲得した

高橋 駿之介さん

11月3日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「星谷会」が初の作品展

「星谷会」が初の作品展

入場無料、市民ギャラリー

12月14日~12月17日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク