海老名版 掲載号:2017年9月1日号

被災地の子と交流 教育

キャンプ通し、関係深める

愛川ふれあいの村でのウォークラリー体験
愛川ふれあいの村でのウォークラリー体験
 福島県南相馬市の子と海老名の子50人が参加した「交流キャンプ」が8月21日から24日まで、門沢橋小学校等で開催された。

 これは東日本大震災や原発の影響を受けた南相馬市の子に、放射能の影響が少ない地で目一杯遊んでもらおうと有志ボランティアが企画したもの。

 当日は海老名の東柏太鼓の演奏やスプーン作り、野外炊事、キャンプファイヤーなど、海老名の子とさまざまな体験を通し、互いに親睦を深めた。

会話が絶えない食事時間
会話が絶えない食事時間

関連記事powered by weblio


海老名版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ファミリー鉄道展開催

小田急

ファミリー鉄道展開催

体験イベント、27日締切

10月21日~10月22日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク