海老名版 掲載号:2017年9月8日号

海老名市

飲食店組合と災害協定 社会

衛生管理し食の安全確保

内野市長と市飲食店組合の理事ら
内野市長と市飲食店組合の理事ら
 海老名市は8月30日、市飲食店組合(石塚浩一理事長)と「災害時等における支援協力活動に関する協定」を締結した。発災時は同組合が食品衛生面の管理や指導を行い、食中毒などの2次被害防止の役割を担う。

 同協定では、熊本地震の際に避難所で発生した食中毒問題などの経験から、食品衛生面での安全を守るために同組合と締結を行った。この日は、同組合の理事らが内野優市長のもとを訪れ、協定書が取り交わされた。内野市長は「近年来ることが予想される万一の事態に備え、訓練等を通して食の安全に協力してもらいたい」とあいさつした。

 災害時には電気・ガス・水道等のライフラインが破壊される状況が予想される。食品の低温保管や加熱、洗浄が不十分となり、食中毒が発生しやすい避難所などにおいて、避難住民が行う炊き出しの支援協力が主な役割となる。このほか、食品の衛生管理や、調理の指導・助言なども協定内容に含まれている。

 同組合に所属する事業所は市内で飲食店を営む約160店舗。石塚理事長は「各地域に組合員がいる。食に対するプロの技術や知識を使い、災害食をさらに美味しく食べられるようにするなど、地元の皆様の役に立てれば。この協定をきっかけに、私たちもさらなる食の安全に意識を高めていきたい」と話していた。

 海老名市がこれまでに締結した災害時協定は、物資提供・輸送、応急復旧、施設提供などがあり、今協定で88件目になる。

 同組合は10月1日(日)に杉久保小学校で行われる「避難所運営訓練」でも協力を行う予定。レスキューキッチンを使った炊き出しなどで共に訓練を行う。

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版のトップニュース最新6件

タイトルマッチに挑戦

キックボクサー西京選手

タイトルマッチに挑戦

9月15日号

亡き創設者に贈る優勝

卓球クラブリトキン

亡き創設者に贈る優勝

9月15日号

(仮称)こどもセンター整備へ

市議会9月定例会

(仮称)こどもセンター整備へ

9月8日号

かかし文化伝え25年

中新田かかしまつり

かかし文化伝え25年

9月1日号

ベイスターズJr.に選抜

有鹿小6年板垣拓心(たくみ)選手

ベイスターズJr.に選抜

9月1日号

馬術で国体初出場

中央農業高校3年 遠藤さん

馬術で国体初出場

8月25日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

LGBTを考える

LGBTを考える

10月7日、講演会

10月7日~10月7日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/