海老名版 掲載号:2017年9月29日号
  • googleplus
  • LINE

土地価格

5年連続で上昇

社会

今後も需要高まる見込み

上昇率の高い2地点(写真上=上郷、下=河原口)
上昇率の高い2地点(写真上=上郷、下=河原口)
 神奈川県は9月19日、土地価格の目安となる基準地価格を公表した。海老名市内の平均変動率は昨年に続き、住宅地・商業地ともに上昇を見せた。海老名駅西口エリアの開発が大きく影響したものとみられており、今後も上昇傾向が続く見込みだ。

 基準値価格は、7月1日時点での調査地点(県内927地点)の1平方メートルあたりを都道府県が調査し、毎年9月に公表しているもの。

 2017年の県内の地価動向は住宅地が2年連続で下落。一方で商業・工業地は5年連続で上昇した。海老名市内では例年同様、住宅地9地点、商業地2点に加え、今年は工業地1点が新たな調査地点となった。県発表によると、海老名駅西口地区の開発の進展や一昨年に開業したららぽーとなどの影響を受け、住宅地・商業地ともに5年連続で上昇したという。

 中でも、市内上郷1の19の25地点の住宅地価は年々上昇しており、今年は前年比3・0%プラスになった。国分寺台地区、杉久保地区は下落したものの他地区では上昇傾向にあり、市全体では0・4%と前年からさらに上昇幅が拡大した。商業地でも河原口4の6の3地点が3・0%、東柏ケ谷2の24の4地点が1・2%上昇した。

 市都市計画課では「子育て政策などの認知もあり、移り住む人の需要がある。さらに海老名駅駅間地区の開発や、平成31年に都心へとつながる相鉄線の開業などで、今後も地価が上がっていくのでは」と話した。

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版のトップニュース最新6件

えびフェス、今年も

海老名 青年会議所

えびフェス、今年も

10月20日号

12月から基準・手数料改正

粗大ごみ

12月から基準・手数料改正

10月20日号

2千年前の海老名を見る

河原口坊中遺跡

2千年前の海老名を見る

10月13日号

市内初の「功労賞」受賞

大谷防犯パトロール隊

市内初の「功労賞」受賞

10月13日号

西京選手が新王者に

キックボクシング

西京選手が新王者に

10月6日号

いよいよ選挙戦突入

衆議院選挙

いよいよ選挙戦突入

10月6日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

50回目の市民文化祭

50回目の市民文化祭

総勢1000人が参加

10月19日~11月5日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク