海老名版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

日本新薬こども文学賞の絵画部門で最優秀賞に輝いた いげた ゆかりさん(本名:飯島ゆかりさん) 上郷在住 33歳

好きな事をやって生きる

 ○…舞台美術から店内ディスプレイ、絵本制作など、様々な作品を手掛けてきた芸術家。独特のイラストが描かれている真っ赤な名刺を差し出し、「よろしくお願いします」と物腰柔らかく挨拶する。6年前に落選した「日本新薬こども文学賞」に再び挑戦し、最優秀賞を受賞。電話で報告を受けて「嬉しかったのですが、絵本制作が待ち構えていると聞いて、喜びは束の間でした」と微笑する。

 ○…幼い頃から絵を描くことや折り紙・ビーズなどでモノを作るのが好きだった。進学を間近に控えた高校生のとき、画家だけで生計を立てられるのは一握りで厳しすぎる世界と周囲から諭され、その道に進むのを断念。大学時代は絵本スクールに通い自分の好きな事を続けた。卒業後は教育関係に就職。高校生に受験対策や進路指導を2年ほど続けるも絵描きになりたい思いを忘れられず、退職し専門学校へ。岐路に立った当時、「自分の好きな事をやれる。やっと自分の人生を歩んでいける」と感じたという。専門学校の卒業制作は150人中2位に入ったり、その後も三鷹市にある「星と森と絵本の家」で優秀賞に選ばれるなど、水を得た魚のように活躍した。

 ○…”真剣にやらないならやるな”がモットー。受賞を受けての絵本制作は忍者をテーマにした物語。忍者について詳しく知ろうと、三重県の博物館まで足を運ぶという姿勢からもその性格が感じ取れる。絵を一つ描くにもあらゆる視点から物事を捉えた上で作業に取り掛かるという。「全てやり切れているか、と自問自答するようにしています。遠回りした分、色々と考えさせられました」

 ○…宮城県仙台市出身で有名な製茶店で育った。結婚を機に海老名へ。引っ越しの理想は図書館が近くにあるところ。「調べものをするのに中央図書館によく行きます。画家としての目標は実家の名前ではなく、自分の名前を憶えてもらうことですね」と笑った。

海老名版の人物風土記最新6件

市川 雅史さん

海老名市そば商組合の組合長を務める

市川 雅史さん

12月8日号

清田 一秀さん

「第8回海老名ふれあい農業まつり」の実行委員長を務める

清田 一秀さん

11月24日号

上澤 眞利さん

私設図書館「佐伯有清記念歴史図書館 清心館」を運営する

上澤 眞利さん

11月17日号

奥村 志津子さん

「第17回全国障害者スポーツ大会」の卓球競技で優勝した

奥村 志津子さん

11月10日号

高橋 駿之介さん

「日本学校農業クラブ全国大会」の意見発表・ヒューマンサービス部門で優秀賞を獲得した

高橋 駿之介さん

11月3日号

神部 正さん

「門栄会」の会長を務める

神部 正さん

10月27日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

経営改善セミナー

経営改善セミナー

製造業向けの商圏分析

12月14日~12月14日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク