海老名版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

海老名市そば商組合の組合長を務める 市川 雅史さん 国分南在住 57歳

ぶれずに道を極める

 ◯…日本人に馴染み深い年末の風物詩・年越しそば。その文化を支える、市内そば屋15店舗が「海老名市そば商組合」に加盟している。40〜50代の若手経営者を中心に和気藹々とした雰囲気を育む団体を、10年以上組合長として束ねてきた。心掛けているのは「メンバーが気軽に悩み相談できるよう、普段から”横のつながり”を強くすること」。そば業界を盛り立てようと親睦を深めつつ知恵を絞る。

 ◯…国分南にある、創業50年の老舗そば店「国分寺そば」の2代目。結成して約半世紀の同組合には先代の頃から所属し、発足当初から携わった。組合が毎年欠かさず行うのが、各店舗で販売する天かすの売上金寄付。30万円ほど集まると市などに寄付しており、東日本大震災の時には被災地訪問し直接届けたことも。

 ◯…生家に今も暮らす、生粋の海老名人。実家はそばの出前がメインだったため、学生時代はカウンターで来店客と会話ができる和食料理人に憧れた。高校卒業後は栄養の専門学校に進み、調理師免許を取得。20歳の時に先代の父が亡くなり、商いを継いだ。経営を行う中で「店舗で直接お客様にそばを提供したい」との思いが強くなり、24歳で現在の店舗を構えた。その年に同じ海老名出身の夫人と結婚。以来、夫婦二人三脚で来店客がゆったり食事のできる空間作りに励み、今では多い時で日に500人が来店するほどに発展した。「お客様においしかったと言っていただけることが一番の喜びです」と語る。

 ◯…趣味はバイクと車。小学生の時に心惹かれて以来、雑誌を眺めたり、レース観戦に足を運んだ。ついにはサーキットライセンスを取り、自身もレース走行を行うほど熱中した時期もあったという。現在はバイクや車で、各地のそば屋巡りを楽しむ。モットーは「何事も一生懸命に、覚悟と決断をもって取り組む」。ぶれずに自分の軸を持ち、きっちりと向き合う姿勢がそば作りにも表れている。

海老名版の人物風土記最新6件

いげた ゆかりさん(本名:飯島ゆかりさん)

日本新薬こども文学賞の絵画部門で最優秀賞に輝いた

いげた ゆかりさん(本名:飯島ゆかりさん)

12月1日号

清田 一秀さん

「第8回海老名ふれあい農業まつり」の実行委員長を務める

清田 一秀さん

11月24日号

上澤 眞利さん

私設図書館「佐伯有清記念歴史図書館 清心館」を運営する

上澤 眞利さん

11月17日号

奥村 志津子さん

「第17回全国障害者スポーツ大会」の卓球競技で優勝した

奥村 志津子さん

11月10日号

高橋 駿之介さん

「日本学校農業クラブ全国大会」の意見発表・ヒューマンサービス部門で優秀賞を獲得した

高橋 駿之介さん

11月3日号

神部 正さん

「門栄会」の会長を務める

神部 正さん

10月27日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

経営改善セミナー

経営改善セミナー

製造業向けの商圏分析

12月14日~12月14日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク