座間版 掲載号:2012年7月27日号

祭り囃子

大人から子どもへ受け継がれるリズム 文化

真剣な表情で太鼓を叩く子どもたち
真剣な表情で太鼓を叩く子どもたち

 例大祭の当日、本神輿が練り歩く時に和太鼓の演奏を披露するのは、鈴鹿長宿、皆原、星の谷、各地区の囃(はや)子(し)保存会だ。保存会には幅広い年代の会員が在籍。地域に伝えられたまつり囃子を、次世代へと伝えており、大人と子どもの世代間交流の場ともなっている。

 例大祭まで2週間を切った7月19日、鈴鹿明神社の境内で、鈴鹿長宿はやし保存会(吉川充会長)の子ども囃子の練習が開かれ、小学生30人ほどが参加した。

 この日、子どもたちは同保存会の会員からアドバイスを受けながら、練習に励んだ。経験豊富な上級生が使用するのは、2種類の小太鼓と大太鼓。太鼓によってパートが分かれており、3つの太鼓が上手く連動することが大事だという。

 子どもたちが練習中に時折、目を通しているのがA4サイズの用紙だ。この紙には、「トンツクツトロツクツー」「テレトコテツトンテレトコテツトン」などの文字が書かれている。これは、太鼓を叩くリズムを表したもの。囃子は譜面などがないため、大人たちが口伝えしてきた。この「口譜」をもとに、会員は叩き方を指導する。用紙は練習を重ねるごとにしわくちゃになるが、子どもにとってはそれが自信になる。

 練習は7月から始まり、本番まで15回ほど行われる。1年生の頃から参加している坪根沙奈さん(座間小6年生)は「皆で上手く音を合わせられると嬉しい。例大祭当日まで、頑張って練習してもっと上手くなりたい」と話していた。
 

座間版のローカルニュース最新6件

連携強固に11年目の船出

工業団地SIP座間

連携強固に11年目の船出

1月20日号

小学生ランナー疾走

会話術楽しく学ぶ

一斉に防災行動訓練

節目の10年目始まる

祭囃子で新春祝う

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

関連記事(ベータ版)

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新田宿の魅力、一枚に

入谷在住吉田亘廣さん

新田宿の魅力、一枚に

きづきで写真展

12月1日~12月26日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク