座間版 掲載号:2013年11月29日号

全国商店街振興組合連合会

市内3商店会を採択

街路灯エコ化とひまわり和紙

 全国商店街振興組合連合会がこのほど「商店街まちづくり事業」と「地域商店街活性化事業」の採択事業者を発表した。地域の活性化を、国からの補助金で助成する両事業。座間市からは3商店会が採択された。

街路灯入れ替えで安心・安全目指す

 「商店街まちづくり事業」は、商店街の集客力向上や、安全向上を整備面で支援する。補助率は全事業費の3分の2で、1商店街あたり50万円以上、1億5千万円以下が助成される。今回の第3次募集では全国269の事業が採択された。

 座間駅前商店振興会は、街路灯のLVD(無電極ランプ)化事業で採択を受けた。総事業費592万2千円のうち、376万円の助成を要望。現在ある40基全ての電灯を交換する予定だという。

 東海相模通り商店会は街路灯29基のLED化及び改修事業を予定。総事業費299万2500円のうち、190万円を要望。一部の街路灯の老朽化が進み、うち5基を撤去するという。

にぎわい補助金は相武台南口が採択

 地域経済の活性化を目的に最大400万円を助成する「地域商店街活性化事業(=にぎわい補助金)」。第3次募集の今回は、市内の相武台南口商店会を含む231事業が採択された。

 相武台南口商店会は、相武台東小学校と協働して育成しているひまわりを活用した「ひまわり和紙による活性化事業」を計画。総事業費38万6140円のうち、37万2640円を要望した。和紙は商品化されて販売されるほか、地域の小学校の卒業証書などに使用される見込みだという。
 

座間版のローカルニュース最新6件

連携強固に11年目の船出

工業団地SIP座間

連携強固に11年目の船出

1月20日号

小学生ランナー疾走

会話術楽しく学ぶ

一斉に防災行動訓練

節目の10年目始まる

祭囃子で新春祝う

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

関連記事(ベータ版)

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新田宿の魅力、一枚に

入谷在住吉田亘廣さん

新田宿の魅力、一枚に

きづきで写真展

12月1日~12月26日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク