座間版 掲載号:2015年9月4日号

小田急線海老名駅

ロマンスカー停車

 中核駅の位置付け明確に

ロマンスカーEXE
ロマンスカーEXE
 小田急電鉄(株)が8月28日に海老名市で記者会見を行い、特急ロマンスカーを小田急線海老名駅に停車させる事を発表した。運行については日中時間帯を中心に上下線それぞれ1時間に1本程度の停車を予定。特急料金やダイヤなど詳細は、今年12月頃に2016年3月に実施されるダイヤ改正とともに公表される予定。

 ビナウォークをはじめ、賃貸・分譲マンション等を手掛ける同社。駅周辺の発展に加え、圏央道の開通や西口エリア開発など、周辺地域からの誘引力があるとし、今年4月に海老名駅を「沿線中核駅」と位置づけていた。同社では、約13万6千人が利用する小田急線ほか2路線が乗り入れる県央地域のターミナル駅に、ロマンスカーを停車させることで更なる交通の利便性向上を図り、地域発展に貢献するとしている。

 ロマンスカーの海老名駅停車を求める動きは1981年に遡る。この年から、各自治体と鉄道事業社との連携を図ることを目的とした鉄道輸送力増強促進会議が開かれ、その後も毎年「停車要望」を行ってきた。

 しかし、ダイヤ編成の問題や近接する本厚木駅に停車していることなどを理由に、電鉄側からは海老名駅への停車実現に向けた回答は得られなかった。

 2009年に海老名市は地域住民からの要望を受け、「海老名駅発ロマンスカー実現市民会議」を発足。イベントや公共施設、駅頭などで署名を呼び掛けたほか、隣接するエリアにも協力を要請してきた。

 翌10年には、目標としていた20万人を大幅に上回る23万3990人分の署名を電鉄へ提出。その後も、まちづくり事業等で電鉄側と調整を図り、継続して適宜要望を行っていた。

座間版のローカルニュース最新6件

連携強固に11年目の船出

工業団地SIP座間

連携強固に11年目の船出

1月20日号

小学生ランナー疾走

会話術楽しく学ぶ

一斉に防災行動訓練

節目の10年目始まる

祭囃子で新春祝う

関連記事(ベータ版)

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「中華ハンバーガー」を作る

「中華ハンバーガー」を作る

公民館で料理教室

6月25日~6月25日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/