座間版

2016年4月の記事一覧

  • 進藤 敏行さん

    かにが沢鯉のぼり実行委員会の委員長を務める

    進藤 敏行さん

    広野台在勤 65歳

    逆風はねのけ「鯉」揚げる ○…「かにが沢公園に鯉のぼりを飾らないか」――。初代実行委員長の故・神原米吉さんに相談を持ち掛け...(続きを読む)

  • 昨年から倍増、15匹に

    昨年から倍増、15匹に 社会

    かにが沢鯉のぼり

     市民有志らが今月23日、かにが沢公園(緑ケ丘4の23)で鯉のぼりの掲揚作業を行った。 設置場所は、園内子ども広場の近く。高さ5mほどの...(続きを読む)

  • 「凱風」大空へ

    「凱風」大空へ 文化

    市民考案の凧文字

     大凧の「顔」とも呼べるのが、凧文字。右上の赤文字が「太陽」を、左下の緑文字が「大地」を表している。15年ほど前から、祭りのPRを兼ねて、公募形式で決められてい...(続きを読む)

  • 5/6受付開始

    5/6受付開始 経済

    市リフォーム補助制度

     座間市は今月11日、今年度で4年目を数える「住宅リフォーム補助制度」について、5月6日(金)から第1期申請を受け付けると、ホームページ上で発表した。...(続きを読む)

  • 9月25日投開票

    市長選挙市議選

    9月25日投開票 政治

    選管が発表

     座間市選挙管理委員会は4月19日、任期満了に伴う市長選挙と市議会議員選挙を、9月18日(日)告示、同月25日(日)投開票の日程で行うと発表した。...(続きを読む)

  • 子どもが中凧に挑戦

    子どもが中凧に挑戦 文化

    西中の50周年記念も

     200年以上の歴史があるとされる、座間の大凧。市大凧保存会(近藤昭夫会長)では、この伝統文化を後世に受け継いで行こうと、様々な事業に取り組んでいる。初節句を迎...(続きを読む)

  • 「大凧の魅力、伝える」

    座間高放送部

    「大凧の魅力、伝える」 教育

    部員減に負けず司会

     5月4日(水)と5日(木)に相模川グラウンドで開催される「座間市大凧まつり」。同祭りの司会をここ数年任されているのが、全国大会に数多く出場し、地域イベントでも...(続きを読む)

  • 「資源ごみ」で歳入1.3億円

    座間市

    「資源ごみ」で歳入1.3億円 経済

    業者への売り払い 3年で倍増

     2015年度に市が市民から収集し、専門業者に売り払った資源物(=資源ごみ)の総額が、過去最高の1億3000万円にのぼる見込みであることがわかった。古紙などの相...(続きを読む)

  • 「凱風」お目見え

    「凱風」お目見え 文化

    大凧、児童が文字書き

     座間で半世紀の歴史を持ち、「かながわのまつり50選」にも選ばれている「座間市大凧祭り」の開催に先駆け、座間小学校の体育館で4月16日、文字書きが行われた。...(続きを読む)

  • 半世紀前の写真ずらり

    座間の大凧

    半世紀前の写真ずらり 社会

    過渡期の様子、克明に

     端午の節句を祝う催しとして江戸時代後期に始まったとされ、200年以上の歴史を有する座間の大凧。現在のように市全体の行事ではなく、市内各所で揚げられていた時代の...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

「心臓移植しか道がない」

戸塚に新たな夏祭り

公立校で目指す甲子園

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

7月13日号

海水浴場閉鎖へ

走水海岸

海水浴場閉鎖へ 社会

3月31日号

競泳日本代表を目指して

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ざまりんがファンと交流

第2回キャラJAM

ざまりんがファンと交流

ゲストに「ひのじゃがくん」

8月6日~8月6日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/