座間版 掲載号:2017年1月1日号

芹沢公園

今春に全面開園へ 社会

建設決定から32年

大部分が完成している第3工区(12月21日撮影)
大部分が完成している第3工区(12月21日撮影)
 市営の総合公園として、30年以上にわたり建設計画が進められてきた「芹沢公園」。未整備エリアの工事が佳境に入っており、今年4月〜5月には全面開園する見込みだ。

 1985年、森林や水源豊かな芹沢の自然を活かし、湿性植物園や遊具コーナーを設けた公園建設が都市計画決定された。整備は広さ約15・8ヘクタールの園内を4地区に分けて進められ、南側に位置する第1と第2工区は1990年と1997年に完成。残る2工区の基本設計は2001年度に実施したものの、市民アンケートやバリアフリー推進を盛り込んだ県条例施行などを受け、6年後に見直しされた。第3工区は、散策路など一部エリアが2010年に供用開始した。

市民協働で整備

 第3・4工区の整備事業は市民協働型で進行。自治会員や活動団体代表者などから成る「芹沢公園育成くらぶ」によって検討が進められ、「こども冒険ランド(おとなも)」をコンセプトに実施設計が定まった。

 春に開園するエリアには、ボール遊びができるコート、長さ約50mのローラー滑り台、落書きコーナーや遊具がある幼児用プレイランドなどが設けられている。普通車70台ほどを収容できる駐車場もつくられる。

 現在は管理棟などの工事が進められているほか、同くらぶを前身に組織された「芹沢緑友会」(矢澤千旦(ちあき)会長)と市によって、管理運営に関するガイドライン策定が進められている。

 全面開園に向け、「市民の皆様と検討したプランが実現した公園。多くの人に利用してもらえれば」と市担当者。矢澤会長は「子どもの遊び場が少なくなるなかで、その受け皿となって欲しい」と期待していた。

座間版のトップニュース最新6件

西洋水仙花壇が完成

花ボラ会

西洋水仙花壇が完成

3月24日号

水循環守る取組み評価

市地下水保全基本計画

水循環守る取組み評価

3月24日号

座間発達支援親の会 始動

ルミエール

座間発達支援親の会 始動

3月17日号

酒造倒産乗り越え復活

ひまわり焼酎

酒造倒産乗り越え復活

3月17日号

競泳3選手が全国大会に

協栄スイミングクラブ座間

競泳3選手が全国大会に

3月10日号

「地元座間で」14年ぶり個展

立野台在住佐波古直明さん

「地元座間で」14年ぶり個展

3月10日号

関連記事(ベータ版)

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写真・俳句の「総選挙」

写真・俳句の「総選挙」

栗原コミセンで人気投票

3月17日~4月30日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月24日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/