座間版 掲載号:2017年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

陸自第4施設群

相模川沿いで架橋訓練 社会

市内初 災害に備え

81式自走架柱橋で橋を設置する隊員
81式自走架柱橋で橋を設置する隊員
 キャンプ座間にある陸上自衛隊第4施設群(吉春隆史施設群長)は2月9日、災害時に車両が通行できない場所に橋を架ける「自走架柱橋架設訓練」を相模川グラウンド近くの土手地で行った。同様の訓練は、市内では初めて。

 この訓練は、静岡県駒門駐屯地の第364施設中隊が6台所有する10tトラック相当の「81式自走架柱橋」を用いたもの。演習場とは異なり、実戦に近い「生地」で行うため、貴重な機会だという。県央地域で訓練地を探していたところ、座間市と河川事務所の調整で折り合いがつき実現した。

 訓練では、車両に積まれた導板を水平に繰り出し、架設を行う。河川では水深4mまで可能で、1台あたり10m、連結すると最大60m架設することができる。東日本大震災でも実際に使用されており、河川などで車両が通れるようにすることで、物資運搬を迅速に行うことができるという。

 当日は自治会長8人をはじめ、市役所や警察、消防関係者ら約50人が見学に訪れた。隊員が訓練の概要を説明した後に訓練が行われ、およそ15分で10mの架設が完了した。

 吉春施設群長は「演習場とは異なった場所でできるのはありがたい。地域の理解を得ながら、自治体と連携していけたら」と話した。

来年度末 座間へ移駐

 第4施設群は災害時、県央16市町村を管轄。2017年度末を目途に、81式自走架柱橋を所有する第364施設中隊が移駐する予定だという。見学に訪れた遠藤三紀夫市長は「初めて見たが、短時間できびきびとした訓練だった。相模川を有する県央に移駐してくれるのはありがたい。万が一の時に連携できるということが、減災・防災には必要」と意義を語った。

見学者に訓練概要を説明する吉春施設群長(右)
見学者に訓練概要を説明する吉春施設群長(右)

関連記事powered by weblio


座間版のローカルニュース最新6件

十五夜文化を子どもたちに

芹沢地区

十五夜文化を子どもたちに

10月13日号

イエロースネークスがV

少年野球

イエロースネークスがV

10月13日号

座間神社で作品展

平野せつ子さん(相模が丘)

座間神社で作品展

10月13日号

目久尻川で清掃活動

陸高の教訓伝える

陸高の教訓伝える

10月13日号

大仙市復興の支援に

座間ロータリークラブ

大仙市復興の支援に

10月13日号

座間版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

座間神社で作品展

平野せつ子さん(相模が丘)

座間神社で作品展

古布活かし小物創作

10月28日~10月30日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク