座間版 掲載号:2017年3月17日号

(PR)

脳卒中・認知症特化型

「通所リハビリ施設」4月にオープン

3月22日(水)には内覧会も

広々として落ち着いた雰囲気
広々として落ち着いた雰囲気
 高齢化が進む中で、現在増加傾向にある認知症などの脳の病気。今後ますますの患者数増が見込まれており、早期発見や再発予防など地域での予防医療が急務となっている。こうした中、下今泉のえびな脳神経外科(尾崎聡院長)では、4月から脳卒中・認知症に特化した「通所リハビリ施設」を同院2階にオープンする。

 この施設には、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・音楽療法士ら同院の専門スタッフが集結。最新のリハビリ機器を用い、利用者さん一人ひとりの症状に向き合う。他では珍しい音楽を使ったセラピーやアロママッサージなども取り入れていくという。その他、炭酸泉のある大型浴槽完備、管理栄養士が監修した食事の提供も。クリニック併設(医師常駐)なのも安心できる。

まずは内覧会へ

 施設の雰囲気を知るために、まずは内覧会に参加を。3月22日(水)午後4時から。同日には認知症サポーター養成講座、医師による脳疾患予防講座も実施。

 なお、施設内覧は随時受付中(要事前予約)。

カフェ風のおしゃれな内装に
カフェ風のおしゃれな内装に

えびな脳神経外科

海老名市下今泉4-2-14 1階

TEL:046-236-2188

http://www.ebinou.com/

県中央エリアを完全網羅

神奈中タクシーのスマホ配車アプリが誕生!音声自動受付サービス配車もスタート!

http://kanachu-taxi.co.jp/

<PR>

座間版のピックアップ(PR)最新6件

福祉車両の購入を助成

神福協

福祉車両の購入を助成

8月18日号

「認知症かな?」と思ったら

医療レポート

「認知症かな?」と思ったら

8月11日号

「CT・MRIで分かること」

座間総合病院 健康講座【6】

「CT・MRIで分かること」

8月11日号

検査精度高め、早期発見へ

乳房専用の3Dデジタルマンモグラフィを導入 相模台病院

検査精度高め、早期発見へ

7月28日号

先進の下肢静脈瘤治療

足のだるさ、むくみは注意信号

先進の下肢静脈瘤治療

7月28日号

自然を体験できる催し

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/