座間版 掲載号:2017年4月7日号

保育園や小学校などでごみ分別の啓発講座を行っている

佐藤 大輔(たいすけ)さん

明王在住 42歳

ごみ分別 楽しく伝える

 ○…子どもたちにごみ分別の大切さを学んでもらう出張講座「わくわくエコあそび」を、クリーンセンター啓発事業担当として取りまとめる。手人形での聴衆とのかけあい、ペットボトルのキャップを使ったモザイクアートなど、楽しく学習できるよう工夫している。「子どもの喜ぶ顔が見たい。みんな苦労と思わないで準備していますよ」。時には4千を超えるペットボトルキャップに穴を開けることも。日々の業務の合間を縫って準備を進める。

 ○…川崎市麻生区出身。小学1年生の頃に東原へ越した。「サッカーや野球と近所で活発に遊びまわっていた」と少年時代を懐かしむ。クリーンセンターでは臨時作業員として20歳から働き始めた。「みんな面倒見がよくて家族みたいなもの。一緒に仕事したい」と思い、25歳で正規採用に。収集車でのごみ収集はもちろん、2014年から始まった出張講座ではリーダーシップを発揮している。目標は、NHK教育テレビで「できるかな」を担当した「ノッポさん」だ。「子どもの頃楽しく見ていた記憶がある。あんな風にできれば」と趣向を凝らす。

 ○…家に帰れば3人の子を持つよき父親に。休日は一緒に寝そべってまったりするなど、幸せな時間を過ごす。子どもの頃にやってみたかった剣道を6年前、長男と一緒に始めた。「高校生が相手だから大変」と苦笑いするも「3段はとりたい」と昇段をめざす。

 ○…啓発事業は4年目に差し掛かる。「最初の3年は新しいもの見たさでいいねと言ってもらえるが、4年目は通用しなくなる。ここからが勝負」と気を引き締める。「ごみは汚い、臭いというイメージを変えたい」。その思いが実を結び、最近は収集車に向かって手を振ってくれる子どもが増えてきた。「ちゃんとしたものを用意すれば、子どもたちは純粋に反応してくれる。日本一いい講座を届けたい」。子どもから市民全体に思いを広げる。

関連記事powered by weblio


座間版の人物風土記最新6件

川口 博幸さん

座間警察署の署長に就任した

川口 博幸さん

9月22日号

椎名 麻花(あさか)さん

18日に開催する「社協福祉まつり」を案内する特別号にイラストを描いた

椎名 麻花(あさか)さん

9月15日号

中村 玲子さん

立野台コミュニティセンターのサマーコンサートを企画する

中村 玲子さん

9月1日号

小倉 智子(さとこ)さん

座間子育て応援プロジェクト!ZamaK♡P(座間コップ)の代表を務める

小倉 智子(さとこ)さん

8月25日号

鈴木 兼夫さん

将棋クラブ「相武棋楽会」の4代目会長を務める

鈴木 兼夫さん

8月11日号

岡崎 朝夫(ともお)さん

座間高校女子バスケットボール部の顧問として、初のインターハイ出場へ導いた

岡崎 朝夫(ともお)さん

7月28日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市主催の婚活イベント

市主催の婚活イベント

綾瀬と連携 10月29日に

10月29日~10月29日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク