座間版 掲載号:2017年4月7日号

保育園や小学校などでごみ分別の啓発講座を行っている

佐藤 大輔(たいすけ)さん

明王在住 42歳

ごみ分別 楽しく伝える

 ○…子どもたちにごみ分別の大切さを学んでもらう出張講座「わくわくエコあそび」を、クリーンセンター啓発事業担当として取りまとめる。手人形での聴衆とのかけあい、ペットボトルのキャップを使ったモザイクアートなど、楽しく学習できるよう工夫している。「子どもの喜ぶ顔が見たい。みんな苦労と思わないで準備していますよ」。時には4千を超えるペットボトルキャップに穴を開けることも。日々の業務の合間を縫って準備を進める。

 ○…川崎市麻生区出身。小学1年生の頃に東原へ越した。「サッカーや野球と近所で活発に遊びまわっていた」と少年時代を懐かしむ。クリーンセンターでは臨時作業員として20歳から働き始めた。「みんな面倒見がよくて家族みたいなもの。一緒に仕事したい」と思い、25歳で正規採用に。収集車でのごみ収集はもちろん、2014年から始まった出張講座ではリーダーシップを発揮している。目標は、NHK教育テレビで「できるかな」を担当した「ノッポさん」だ。「子どもの頃楽しく見ていた記憶がある。あんな風にできれば」と趣向を凝らす。

 ○…家に帰れば3人の子を持つよき父親に。休日は一緒に寝そべってまったりするなど、幸せな時間を過ごす。子どもの頃にやってみたかった剣道を6年前、長男と一緒に始めた。「高校生が相手だから大変」と苦笑いするも「3段はとりたい」と昇段をめざす。

 ○…啓発事業は4年目に差し掛かる。「最初の3年は新しいもの見たさでいいねと言ってもらえるが、4年目は通用しなくなる。ここからが勝負」と気を引き締める。「ごみは汚い、臭いというイメージを変えたい」。その思いが実を結び、最近は収集車に向かって手を振ってくれる子どもが増えてきた。「ちゃんとしたものを用意すれば、子どもたちは純粋に反応してくれる。日本一いい講座を届けたい」。子どもから市民全体に思いを広げる。

関連記事powered by weblio


座間版の人物風土記最新6件

渡辺 武さん

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長に就任した

渡辺 武さん

7月21日号

杉田 博さん

あす7月15日、文芸社から著書『護身バカ』を出版する

杉田 博さん

7月14日号

飛田 昭さん

座間市社会福祉協議会の第8代会長に就任した

飛田 昭さん

7月7日号

畑山 真行さん

「座間ママチャリフェスタ2017」の実行委員長を務める

畑山 真行さん

6月30日号

光邦(みつくに)さん

この春からFMヨコハマの朝の顔として「ちょうどいいラジオ」のDJを務める

光邦(みつくに)さん

6月23日号

池田 雄一さん

神奈川県社会福祉士会県央支部の支部長に就任した

池田 雄一さん

6月9日号

関連記事(ベータ版)

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ざまりんがファンと交流

第2回キャラJAM

ざまりんがファンと交流

ゲストに「ひのじゃがくん」

8月6日~8月6日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/