座間版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

伝統工芸士佐波古直明さん 友禅作品を市に寄贈 「ヒマワリ」「大凧」の2点

文化

染額を手にする遠藤市長(左)と佐波古さん
染額を手にする遠藤市長(左)と佐波古さん

 東京手描友禅の伝統工芸士である佐波古(さはこ)直明さん(立野台在住)は4月14日、制作した手描友禅作品を市に寄贈した。寄贈されたのは、市の花「ヒマワリ」と市の伝統行事「大凧」を描いた染額2点。

 佐波古さんの作品「ヒマワリ」は2013年、須賀川市との国内友好都市協定締結の記念品に採用された。「大凧」は15年、大仙市との友好都市協定締結の記念品に採用されている。

 市長応接室を訪れた佐波古さんは、遠藤三紀夫市長に作品を手渡した。遠藤市長は「庁舎内にしっかり、友好都市であるということをこめて展示させていただきます」と話した。佐波古さんが「大凧は市制20周年のときの祭りを忠実に再現したもの」と説明すると、遠藤市長は「ヒマワリは市内だけでなく全国的に有名になっている」と語るなど、作品談義に花が咲いた。

 また、先月にハーモニーホール座間で開いた佐波古さんの個展にも触れ、遠藤市長は「とても素晴らしかった」と話すと、佐波古さんは「おかげさまで多くの方に来て頂きました。最初は手描友禅を仕事にして生活できるかなという思いで始めたが、奥が深くどっぷりとはまっている」と答えていた。個展は8日間で、1800人以上が来場し、作品を鑑賞した。
 

座間版のローカルニュース最新6件

田口さん姉妹に市長賞

調べる学習コンクール

田口さん姉妹に市長賞

12月15日号

クリスマスムード高まる

ざまりんへ年賀状を

ポインターズ座間がV

少年野球卒業記念大会

ポインターズ座間がV

12月15日号

晩秋の目久尻川 楽しむ

城好き集まれ

読者プレゼント

城好き集まれ

12月15日号

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新田宿の魅力、一枚に

入谷在住吉田亘廣さん

新田宿の魅力、一枚に

きづきで写真展

12月1日~12月26日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク