座間版 掲載号:2017年4月21日号

伝統工芸士佐波古直明さん

友禅作品を市に寄贈 文化

「ヒマワリ」「大凧」の2点

染額を手にする遠藤市長(左)と佐波古さん
染額を手にする遠藤市長(左)と佐波古さん

 東京手描友禅の伝統工芸士である佐波古(さはこ)直明さん(立野台在住)は4月14日、制作した手描友禅作品を市に寄贈した。寄贈されたのは、市の花「ヒマワリ」と市の伝統行事「大凧」を描いた染額2点。

 佐波古さんの作品「ヒマワリ」は2013年、須賀川市との国内友好都市協定締結の記念品に採用された。「大凧」は15年、大仙市との友好都市協定締結の記念品に採用されている。

 市長応接室を訪れた佐波古さんは、遠藤三紀夫市長に作品を手渡した。遠藤市長は「庁舎内にしっかり、友好都市であるということをこめて展示させていただきます」と話した。佐波古さんが「大凧は市制20周年のときの祭りを忠実に再現したもの」と説明すると、遠藤市長は「ヒマワリは市内だけでなく全国的に有名になっている」と語るなど、作品談義に花が咲いた。

 また、先月にハーモニーホール座間で開いた佐波古さんの個展にも触れ、遠藤市長は「とても素晴らしかった」と話すと、佐波古さんは「おかげさまで多くの方に来て頂きました。最初は手描友禅を仕事にして生活できるかなという思いで始めたが、奥が深くどっぷりとはまっている」と答えていた。個展は8日間で、1800人以上が来場し、作品を鑑賞した。
 

関連記事powered by weblio


県中央エリアを完全網羅

神奈中タクシーのスマホ配車アプリが誕生!音声自動受付サービス配車もスタート!

http://kanachu-taxi.co.jp/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

瓢箪すくすく育成中

成田和さん(入谷)

瓢箪すくすく育成中

8月18日号

仲よし小道を故郷に

ひのじゃがくんと「ボケ合戦」

ざまりん

ひのじゃがくんと「ボケ合戦」

8月18日号

聴覚障害者と避難訓練

北地区文化センター

聴覚障害者と避難訓練

8月18日号

鈴鹿明神社で風神祭

子どもが主役の夏祭り

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/