座間版 掲載号:2017年4月21日号

「稀風」文字書き完成 文化

大凧まつりに向け、佳境

 かながわのまつり50選に選ばれている座間の伝統行事「座間市大凧まつり」の開催に先駆け、文字書きが4月15日に座間小学校体育館で行われた。

 文字書きは、約13メートル四方の大凧に「凧文字」を入れる大凧制作の佳境となる作業で、毎年公募で選ばれた地域の子どもたちやボーイスカウトのメンバーなどが参加し、大人数で行っている。

 当日は、午後4時から同小体育館に大勢の地域住民が集まり、作業を開始した。座間市大凧保存会(近藤昭夫会長)の会員が巨大な和紙に下書きをし、墨を入れていくと、2月に市民の応募から選出された今年の凧文字、「稀風(きふう)」の文字が徐々に浮かび上がっていった。

 色付けは集まった子どもたちを中心に、大人も一緒になってブラシを使って赤と緑に塗り分け、最後に仕上げを行った後、午後8時半ごろに完成した=写真。

 大凧は、5月4日(木)、5日(金)に相模川グラウンドで開かれる大凧まつりで掲揚される。
 

関連記事powered by weblio


県中央エリアを完全網羅

神奈中タクシーのスマホ配車アプリが誕生!音声自動受付サービス配車もスタート!

http://kanachu-taxi.co.jp/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/