座間版 掲載号:2017年6月2日号
  • googleplus
  • LINE

今年結成10周年を迎えたシルバーコーラス・スマイルの会長を務める 富本 和男さん 緑ケ丘在住 86歳

歌い楽しむことが幸せに

 ○…混声合唱団「シルバーコーラス・スマイル」の会長を務め、団の運営のほか、参加するイベントの企画などを行う。いよいよ明日に迫った記念定期演奏会では、日本歌曲や流行歌などを披露するため練習に励んできた。「10周年だからといって特別なことをするつもりはないけど、当日が楽しみ。これまで培ってきた成果を見せることができたら」と微笑み、自然体でコンサートに臨む。

 ○…シルバー世代の活性化を目的に2007年、前会長と共にスマイルを設立した。「リタイアした方たちが歌だけではなく、仲間と交流して居場所を見つけてもらえたら」。合唱に出会ったのは約20年前。定年退職後、座間市民混声合唱団に入ると、楽譜を読めなくても耳で聴いて歌うことができ、成長することが喜びにつながったという。「自分の声がハーモニーに溶け込むと最高。気持ちものってくるよ」と魅力を語る。

 ○…徳島県で生まれ育ち、大学卒業後、民間企業に就職。会社員時代の仲間とは今も顔を合わせゴルフコンペに参加する。「大学や会社では良い仲間に恵まれた」と振り返る。73年、緑ケ丘に住んでから約40年が経過した。「気候が良く本当に良いところに住んでいる。日本一じゃないかな」と座間の街に誇りを抱く。2人の子どもを育て、孫は3人。現在は夫人、長男夫婦と2世帯住宅で暮らす。ゴルフのほか、漢詩や川柳など趣味は多彩だ。

 ○…モットーは「楽しく歌って語ってみんな活き活き」。月2回のレッスンのほか、老人ホームへの慰問やチャリティーコンサート、会員同士の懇親会など活動は活発。会員は約40人で、最高齢はもうすぐ100歳になる。課題は男性が5人程と少ないこと。「混声合唱団ですから、現在は男声陣強化中です」と笑う。声を出すことで認知症予防にもつながるという。「上手くなるかなと心配せず、楽しめたら良いなという思いでぜひ参加してほしいですね」

座間版の人物風土記最新6件

高橋 茂夫さん

相模が丘で開かれた「ゆめウォーク」を企画した

高橋 茂夫さん

12月15日号

大竹 博仁さん

座間市少女マーチングバンドの会長を務める

大竹 博仁さん

12月8日号

日野原 征夫さん

平成29年度神奈川県優良小売店舗表彰を受賞した

日野原 征夫さん

12月1日号

梨子本 稚子(なしもと わかこ)さん

都南自動車教習所の脳若インストラクターとして認知症予防に努める

梨子本 稚子(なしもと わかこ)さん

11月24日号

山本 俊昭さん

座間神社の宮司に就任した

山本 俊昭さん

11月17日号

木村 大輔さん

19日に開催されるオールパフォーマンスコンテストZAMAの実行委員長を務める

木村 大輔さん

11月10日号

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新田宿の魅力、一枚に

入谷在住吉田亘廣さん

新田宿の魅力、一枚に

きづきで写真展

12月1日~12月26日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク