座間版 掲載号:2017年6月9日号

(PR)

海老名メディカルプラザ

地域に愛される診療所を目指す

「患者さんがより受診しやすい体制をつくる」

 海老名総合病院と同じ法人グループで、43の診察室をもつ高機能型診療所「海老名メディカルプラザ」。6月から院長に就任した福田竜基氏に話を聞いた。

―院長就任おめでとうございます。まずは抱負について教えてください。

 ありがとうございます。当院では「みんなが安心して継続できる医療を提供する」という基本理念を掲げています。この理念において大切なのは「みんな」と「継続」です。「みんな」とは、患者さんやご家族、地域住民の皆さん、職員を意味します。理念に込められた前院長の想いを継承して、地域医療に貢献していきたいと思います。

―ほかに注力していくことはありますか。

 当日受診希望の多い「内科」を受診しやすくすることです。当院は予約制のために、すぐに受診できないイメージをお持ちの方が多いようです。

 予約制は受診される方の待ち時間を短縮し、質の良い医療を提供するためのシステムですが、患者さんが必要な時に受診できなければ意味がありません。

 従来、内科では直接来院された方のみ当日受診を受け付けておりましたが、電話でも受け付けができるように改善したほか、ホームページでも内科の予約状況を掲載し始めました。

 仕組みを見直すことはもちろん、今後は情報発信も積極的に行っていきたいと考えております。

海老名メディカルプラザ

海老名市中新田439-1

TEL:046-234-6529

http://plaza.jinai.jp/

県中央エリアを完全網羅

神奈中タクシーのスマホ配車アプリが誕生!音声自動受付サービス配車もスタート!

http://kanachu-taxi.co.jp/

<PR>

座間版のピックアップ(PR)最新6件

福祉車両の購入を助成

神福協

福祉車両の購入を助成

8月18日号

「認知症かな?」と思ったら

医療レポート

「認知症かな?」と思ったら

8月11日号

「CT・MRIで分かること」

座間総合病院 健康講座【6】

「CT・MRIで分かること」

8月11日号

検査精度高め、早期発見へ

乳房専用の3Dデジタルマンモグラフィを導入 相模台病院

検査精度高め、早期発見へ

7月28日号

先進の下肢静脈瘤治療

足のだるさ、むくみは注意信号

先進の下肢静脈瘤治療

7月28日号

自然を体験できる催し

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/