座間版 掲載号:2017年6月9日号

ひまわり和紙の凧完成 教育

相武台東小でお披露目

制作に関わった児童、相武台南口商店会、あすなろ大学などのメンバー
制作に関わった児童、相武台南口商店会、あすなろ大学などのメンバー
 相武台東小学校の児童、相武台南口商店会(戸津信義会長)、あすなろ大学内のサークル「ひまわりのタネ」のメンバーが協力して制作した2畳凧がこのほど完成し、5月31日、同校でお披露目された。

 同校は13年前から同会と協力し、5年生の授業としてひまわりの種植えを行っている。8年前からシニア向け生涯学級のあすなろ大が加わり、茎を使った和紙作り体験を行うなど取組みを発展させてきた。

 凧制作は今年初の取組みで、ひまわりで作った和紙を活用。商店会のバックアップのもと、同サークルのメンバーが骨組みを組み立て、6年生になった児童が絵を描いた。

掲揚に挑戦

 お披露目となったこの日は、チャレンジデー当日。児童ら制作メンバーは、同校グラウンドで凧揚げに挑戦した。ほぼ無風状態の中、空高く揚げることは叶わなかったものの、子どもちは一生懸命駆け回り笑顔を見せていた。佐野媛鞠さん(6年)は、凧揚げを初めて体験。「揚がらなかったけど、引っ張れて楽しかった。ひまわりの種植えや雑草抜きも思い出」と振り返った。同サークルの佐久間十四光さんは「思い出として心に留めてくれたらありがたい」と語りかけていた。

 同サークルのメンバーはその後、相模川河川敷に場所を移して凧揚げに再挑戦。10秒弱の間、10mほど揚げることに成功した。

伝統受け継ぐ

 5年生によるひまわりの種植えは、5月17日に栗原の畑で行われた。種を活用したお菓子作りや、和紙作りなどを今年も実施する予定だという。日比野心寧さんは「クッキーや和紙作りをどうやってやるかわからないので楽しみ」と話した。

凧揚げに挑戦する6年生
凧揚げに挑戦する6年生
ひまわりの種を植える5年生
ひまわりの種を植える5年生
川原で凧揚げするあすなろ大学のメンバー
川原で凧揚げするあすなろ大学のメンバー

関連記事powered by weblio


県中央エリアを完全網羅

神奈中タクシーのスマホ配車アプリが誕生!音声自動受付サービス配車もスタート!

http://kanachu-taxi.co.jp/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/