座間版 掲載号:2017年6月16日号

座間・海老名署が合同訓練 社会

銀行強盗事件を想定

 座間・海老名の両警察署員ら約65人が参加した「合同緊急配備訓練」が6月2日に行われた=写真上。

 今回の訓練では銀行強盗事件を想定。隣接する警察署が連携し実施することで署員の有事対応能力の向上を目的としている。

 事件の発生場所は、海老名市扇町の横浜銀行海老名駅前支店。鞄に隠し持っていた刃物で銀行員を脅し現金を奪った男が、車両で座間市に逃走するという想定の下で訓練が実施された。

 銀行員らは非常通報装置で110番通報し危険を知らせたほか、特殊塗料の入った防犯用のカラーボールを逃走する男に投げるなどして対応。駆けつけた警察官に男の服装・体型といった特徴、人数、逃走車両の色などをつぶさに説明した。

 その後、聴取を基に緊急配備が敷かれ、被疑車両とみられる車をパトカーが追跡。市内の県立座間谷戸山公園駐車場に逃げ込んだ被疑者を制圧逮捕した。

 訓練を終え、座間署は「車での逃走がいかに早いかを実感するいい機会となった。今後も迅速な連携と情報共有に努めていきたい」と総括した。

カウンター越しに刃物で脅した
カウンター越しに刃物で脅した

関連記事powered by weblio


座間版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/