座間版 掲載号:2017年7月7日号
  • googleplus
  • LINE

座間市社協新会長に飛田昭氏大友前会長は退任

社会

遠藤市長(左)に委嘱状を手渡す飛田会長=座間市社協提供
遠藤市長(左)に委嘱状を手渡す飛田会長=座間市社協提供
 座間市社会福祉協議会は6月12日、第20期社会福祉法人座間市社会福祉協議会理事会を開き、相模が丘在住の飛田昭氏=人物風土記で紹介=が理事の中から会長に選出された。

 7年間会長職を務めた大友奉会長は退き、顧問に就いた。会長の任期は2019年6月の定例評議会までの2年間。

 飛田会長は15日、遠藤三紀夫市長らに新会長就任の報告を行うため、座間市役所を訪れた。遠藤市長は「飛田会長にはリーダーシップを発揮して頂き、市と社協の関係をさらに強固なものにしたい」と話した。

 その後、遠藤市長に座間市社会福祉協議会顧問就任の委嘱状を、飛田会長が手渡した。

座間版のローカルニュース最新6件

子育てイベント、賑わう

座間の魅力、一枚に

6組のカップル誕生

ふるさとまつりで活動PR

市シルバー人材センター

ふるさとまつりで活動PR

11月17日号

目久尻川を楽しく歩こう

引きこもり経験語らう

元ゲーム王者柳川氏

引きこもり経験語らう

11月17日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

目久尻川を楽しく歩こう

目久尻川を楽しく歩こう

寒川スタートし、上流へ

12月2日~12月2日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク