座間版 掲載号:2017年7月7日号

座間警察署管内

特殊詐欺が急増 社会

被害額は1億円に迫る

 座間警察署(春田政之署長)の発表によると、振り込め詐欺などの「特殊詐欺」が今年に入り、急増していることが分かった。昨年は年間の発生件数が20件だったのに対し、今年は早くも17件の被害が発生している(6月末時点/速報値)。被害額は約9500万円(同)で、すでに昨年の被害額を超えている。

 「特殊詐欺」は、面識のない不特定の人に対し電話などの通信手段を用いて対面することなく行う詐欺で、オレオレ・架空請求・融資保証金・還付金の手口を用いた「振り込め詐欺」と、その他(ギャンブル必勝法情報提供など)の詐欺の総称を指す。

 座間署管内における特殊詐欺は、今年1月から6月末までに、オレオレ8件、架空請求3件、還付金5件、その他1件認知されており、被害総額は約9500万円となっている。すでに、昨年1年間の4035万円を超えており、1億円に迫る勢いとなっている。

 座間警察署生活安全課の佐藤浩二課長によると、座間署管内の特徴は1件の詐欺による被害額が多く、1千万から2千万円の被害が出ており、「一度目を付けた人を、執拗に狙っている可能性がある」と話す。近隣地域と比べても突出して多く、被害総額は県内54署中8番目に多いという。

 また、県内全体でも被害は広がっており、6月末時点の県内の発生件数は933件で、前年同時期と比べて367件増えている(速報値)。

「まずは確認を」

 座間署では、各家庭に訪問し警戒を呼びかけているほか、金融機関と連携して対策を取っており、未然に阻止したものは11件に及んでいる。

 佐藤課長は「自分は被害に遭うことがないと思いこんでいる人がおり、詐欺に遭われた後で『確認すれば良かった』と後悔している姿を見かける。不審なことがあったらまずは確認してほしい」と話している。

関連記事powered by weblio


座間版のトップニュース最新6件

災害時協定締結者が一堂に

座間市

災害時協定締結者が一堂に

7月14日号

環境保全功労者表彰を受賞

南栗原在住岩田寿郎さん

環境保全功労者表彰を受賞

7月14日号

インターハイ出場決める

座間高女子バスケ部

インターハイ出場決める

7月7日号

ほふく救出で全国出場

座間市消防本部

ほふく救出で全国出場

6月30日号

アメリカ進出決まる

ボクシング井上尚弥選手

アメリカ進出決まる

6月30日号

内藤和美氏が新会長に

市商店会連合会

内藤和美氏が新会長に

6月23日号

関連記事(ベータ版)

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ざまりんがファンと交流

第2回キャラJAM

ざまりんがファンと交流

ゲストに「ひのじゃがくん」

8月6日~8月6日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/