座間版 掲載号:2017年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

あす7月15日、文芸社から著書『護身バカ』を出版する杉田 博さん入谷在住 83歳

人生謳歌する「護身バカ」

 ○…「闇雲に武術を習うことが護身ではない」――。護身術「文武流護身拳法」の創始者でありながら、日常生活でのさりげない行いこそが「護身」につながるとする著書を書き上げた。「護身する上で最大の敵はストレス。明るく人生を過ごしたい」。歯磨き、ウォーキングなど様々な行動を護身と結びつけるため、ついた異名が「護身バカ」。豊かな人生を送れるよう、独自の理論を世に広める。

 ○…東京都浅草橋で10人兄弟の末っ子として生まれた。戦時中の幼少期は体が弱く、集団疎開ができなかったという。空襲が激しくなると個人疎開で埼玉県へ。「田舎の子ども達と裸足で走り回っているうちに強くなった」と振り返る。慶応大学在学中、父が社長を務める革製品メーカー会社の工場を任されると、家業に熱中するように。24歳で兵庫県明石市へ行き、新工場の立ち上げに尽力した。「土地の購入から採用まで全部やった。楽しくて楽しくて」と懐かしむ。親父狩りが流行していた60代半ばの頃、「より実践的な護身術を」と武道経験を活かし流派を創立。これまで述べ400人の弟子を指導した。

 ○…一人カラオケ、ギター、ウクレレ、麻雀と趣味は多彩。娘に勧められ、「スマホデビュー」も果たした。先日は学生時代の友人と箱根に訪れ、「徹夜で麻雀したよ」と若々しく笑う。孫宝に恵まれる一方で、妻が心臓病を患い、離れての暮らしを強いられるようになった。「夫としてできる限りのことはしたい」。愛妻家としての顔をのぞかせる。

 ○…「座右の銘は『ぐうたらべえ』だよ」といたずらっぽく笑うが、自由気ままな生活を送るためにやるべきことはすばやく実行してきた。来月に84歳の誕生日を控えるが、気力体力ともに充実。早くも違ったジャンルの本の執筆に取りかかっている。「たった一度の人生。楽しくなきゃ意味がない」。衰え知らずの「護身バカ」は、今日も己を研鑽する。

座間版の人物風土記最新6件

山本 俊昭さん

座間神社の宮司に就任した

山本 俊昭さん

11月17日号

木村 大輔さん

19日に開催されるオールパフォーマンスコンテストZAMAの実行委員長を務める

木村 大輔さん

11月10日号

鳥海 優子さん

精神保健福祉促進会 家族会「サポートざま」の会長を務める

鳥海 優子さん

11月3日号

石塚 惠さん

(公社)全日本不動産協会相模原支部で女性初の副支部長を務める

石塚 惠さん

10月27日号

中野渡 章子(あきこ)さん

ジャズシンガーとして活躍し、イジュマー ビッグバンドの演奏会にゲスト出演する

中野渡 章子(あきこ)さん

10月20日号

平野 せつ子さん

古布を使った創作小物展を座間神社で開く

平野 せつ子さん

10月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

目久尻川を楽しく歩こう

目久尻川を楽しく歩こう

寒川スタートし、上流へ

12月2日~12月2日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク