座間版 掲載号:2017年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

座間高校女子バスケットボール部の顧問として、初のインターハイ出場へ導いた

岡崎 朝夫(ともお)さん

入谷在勤 49歳

生徒の成長信じ向き合う

 ○…顧問に就任して5年目。座間高校女子バスケットボール部にとって悲願だったインターハイが、きょう7月28日から福島県で始まる。厳しい練習を乗り越え、初の大舞台へとたどり着いた教え子たちを「よくやってくれた」とねぎらう。県予選後に期末試験がありコンディション調整が難しい中、選手の心身のケアには細心の注意を払った。「まずは初戦突破を」と初白星を狙う。

 ○…藤沢市出身。少年野球ではキャプテンを務め、「バスケをするなんて考えていなかった」と笑うが、プレイヤーだった祖父と姉の影響で中学・高校はバスケットボール部に入部。競技の普及に尽力する指導者をはじめ、様々な出会いに恵まれた。大学時代に母校・湘南高校のコーチを務め、後輩と接するうちに教師を志すように。前任校の茅ヶ崎北陵高校ではインターハイに2度出場を果たした。座間高に赴任したばかりの頃、部員数は10人に満たない時もあったという。それでも「文武両道の意識がしっかり根付いていた」。対話を重ね、チームに全国への思いを浸透させた。

 ○…休日は中学バスケの観戦に奔走し、バスケ三昧の毎日。座間高の試合には妻や6歳・4歳の娘と家族総出で観戦に来ることもあるという。「妻は『結婚して甘くなったと言われたくない』と。一番厳しいですよ」と微笑む。理科教員としての座間での勤務もすっかり慣れ、「素朴で落ち着いた町」と良さを語る。

 ○…「最高傑作は次の作品」と言ったチャップリンのように、生徒たちには「人生で一番いい試合は次の試合だよ」と説いている。子どもから大人へと成長する高校時代。伸びしろを信じているからこそ、決して現状に満足しないよう指導に熱がこもる。「時間が経ってから『あの時先生が言ったことってこういうことだったんだ』と分かってくれる瞬間は、教師冥利に尽きますよ」。教え子と共に高みをめざす。

関連記事powered by weblio


座間版の人物風土記最新6件

平野 せつ子さん

古布を使った創作小物展を座間神社で開く

平野 せつ子さん

10月13日号

内藤 和美さん

座間市商店会連合会の会長を務める

内藤 和美さん

10月6日号

石川 ヒサヱさん

「さくら亭ふれあいサロン」を主催する相模が丘地区社協連絡会の代表を務める

石川 ヒサヱさん

9月29日号

川口 博幸さん

座間警察署の署長に就任した

川口 博幸さん

9月22日号

椎名 麻花(あさか)さん

18日に開催する「社協福祉まつり」を案内する特別号にイラストを描いた

椎名 麻花(あさか)さん

9月15日号

中村 玲子さん

立野台コミュニティセンターのサマーコンサートを企画する

中村 玲子さん

9月1日号

座間版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

座間神社で作品展

平野せつ子さん(相模が丘)

座間神社で作品展

古布活かし小物創作

10月28日~10月30日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク