座間版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

学びの成果を披露

文化

あすなろ大学が発表会

 シニア向け生涯学級「あすなろ大学」(佐々木邦彦会長)の公開自主講座が7月28日、東地区文化センターで行われた=写真。

 あすなろ大学は、各々が好きなテーマについて深く調べるとともに、仲間づくりを楽しむ学級。年4回行う公開自主講座では、それぞれが研究・調査したテーマを発表している。

 約130人が参加した今回は、斎藤東三さん(2年)、原澄さん(11年)の2人が発表。斎藤さんは「小田急線座間から厚木間の路線はなぜ弓なりなったか!!」をテーマに、反対運動や小田急電鉄の思惑、地形の問題にふれながら解説した。

 原さんは「栗原村大矢家と領主たち」が研究テーマ。江戸時代後期の大矢弥市の代から大矢家が大地主だったのかを、年貢率などから分析して発表した。

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

座間神社で作品展

平野せつ子さん(相模が丘)

座間神社で作品展

古布活かし小物創作

10月28日~10月30日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク