座間版 掲載号:2017年8月25日号

座間子育て応援プロジェクト!ZamaK♡P(座間コップ)の代表を務める

小倉 智子(さとこ)さん

緑ケ丘在住 38歳

座間の街に恩返し

 ○…市民有志が昨年11月に立ち上げた子育て支援グループ「座間子育て応援プロジェクト!ZamaK♡P」の代表を務める。子育て中の母親や子育てに関する講習を行う講師など11人の正会員と12人の賛助会員等が参加する。「市内に子育てを応援する方や企業団体がある中、提供する場所が無かった。座間市で子育てして良かったなと思える場所が欲しかった」と立ち上げた当時の思いを語る。

 ○…「私は代表という名の一メンバー。一人ひとりが主役です」と謙遜するが、「ざまっぷ」「子育てカレンダー」「アクティブ通信」の編集といったボランティア経験を生かし「座間市のためになるなら」との思いから代表に就任した。しかし、6月に実施したキックオフイベントには、家庭のことが忙しくなり「満足に携わることができなかった」と悔しさを滲ませる。「それでも、戻ってきた時には『お帰りなさい』と温かく迎えてくれた。仲間には感謝の気持ちしかないですね」

 ○…札幌市の出身。スキューバダイビングやテニスなど体を動かすのが得意だという。結婚を機に座間に来て7年が経過。現在は5歳の娘を育てているが、まだ、座間のことが分からない時に、親子のための講座といった存在が心強かったという。「座間市は素敵なところだと感銘を受けました。その時の恩返しがしたいとずっと思っています」と活動の原動力を語る。

 ○…座間コップの特長は、様々な人が携わっていることと企業団体がボランティアとして支援しているところだという。「誰もが子育てに協力したい、良くしたいという思いは変わらない」と力を込め、企業の協力も熱望している。現在は11月7日に積和建設神奈川株式会社厚木事業所で開催するイベント成功に向け、月1回ほどの会議に参加、会員同士が熱心な議論を重ねアイデアを出し合っている。「前回よりさらにパワーアップして、より良いものにしていきたいですね」
 

関連記事powered by weblio


座間版の人物風土記最新6件

椎名 麻花(あさか)さん

18日に開催する「社協福祉まつり」を案内する特別号にイラストを描いた

椎名 麻花(あさか)さん

9月15日号

中村 玲子さん

立野台コミュニティセンターのサマーコンサートを企画する

中村 玲子さん

9月1日号

鈴木 兼夫さん

将棋クラブ「相武棋楽会」の4代目会長を務める

鈴木 兼夫さん

8月11日号

岡崎 朝夫(ともお)さん

座間高校女子バスケットボール部の顧問として、初のインターハイ出場へ導いた

岡崎 朝夫(ともお)さん

7月28日号

渡辺 武さん

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長に就任した

渡辺 武さん

7月21日号

杉田 博さん

あす7月15日、文芸社から著書『護身バカ』を出版する

杉田 博さん

7月14日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/