座間版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

近代乗馬クラブ所属 遠藤さん馬術で国体初出場「リラックスして臨みたい」

スポーツ

馬と一体となって障害物を乗り越える(試合風景)
馬と一体となって障害物を乗り越える(試合風景)

 市内栗原の座間近代乗馬クラブに所属する遠藤めいさん(県立中央農業高校3年/17)が、10月5日から兵庫県で行われる「えひめ国体(国民体育大会)」の馬術・少年部門に神奈川県代表として出場する。高校最後の国体を馬と息を合わせて挑む。

 遠藤さんが出場する競技は、二段階障害飛越とリレーの2種目。場内に設けられた1・2m以下の障害物をミスなく飛び越し、スピードを落とさず走り切ることが求められる。

 国体には初出場の遠藤さん。出場を目指したのは、小学6年から中学3年まで指導してくれた愛媛県のトップライダーである恩師に恩返しをしたいとの思いからだ。県と関東ブロック大会で上位に入り県代表に選出された。「練習成果を見せられるようリラックスして、応援して下さった方々に感謝の気持ちを込めて走りたい」と意気込む。

 遠藤さんが乗馬を始めたのは小学3年生の時。幼い頃から動物好きで馬に関わりたいと小学生の頃に乗馬クラブに入会し、毎日のように馬の世話と練習に励んできた。小柄な体格のため馬のパワーに負けないようにと自主的に筋トレや体幹を鍛えるトレーニングを行う日々。泊まりがけの試合もある中、小学生から練習や試合に常にひとりで通うほどの打ち込みようだった。

 遠藤さんが乗馬で心掛けているのは、馬の気持ちや性格に合わせ馬が楽しく走れるよう心を配ること。今大会でともに走るセン馬・コロナフィオーレとも国体に向け練習を重ねてきた。「息がぴったり合って障害物をうまく飛べると嬉しい」

 将来の夢はプロ騎手か乗馬インストラクター。夢を追い一歩ずつ歩んでいく。
 

騎手の遠藤さん
騎手の遠藤さん

座間版のローカルニュース最新6件

子育てイベント、賑わう

座間の魅力、一枚に

6組のカップル誕生

ふるさとまつりで活動PR

市シルバー人材センター

ふるさとまつりで活動PR

11月17日号

目久尻川を楽しく歩こう

引きこもり経験語らう

元ゲーム王者柳川氏

引きこもり経験語らう

11月17日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

目久尻川を楽しく歩こう

目久尻川を楽しく歩こう

寒川スタートし、上流へ

12月2日~12月2日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク