座間版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

所属4チームが東日本で金10月の全国大会に出場

スポーツ

金賞受賞を喜ぶ「LUCIA」のメンバー
金賞受賞を喜ぶ「LUCIA」のメンバー
 相武台の「サイ・ダンスフィールド」(主宰/濱島彩子さん)が8月11日、12日に都内で開かれた「第5回全日本小中学生ダンスコンクール東日本大会」(朝日新聞社主催)小・中学生部門オープン参加の部に出場し、所属4チームが金賞を受賞した。4チームは、10月に川崎市のとどろきアリーナで開かれる全国大会への出場権を獲得、3大会連続の全国金賞を目指す。

 同コンクールは、ヒップホップやロック、ジャズダンスといった現代的なリズムのダンスを、5人以上40人程度までのチーム編成で演技し、審査員による採点で競われる。ダンスのテーマに沿った振り付けや構成、技能、表現力、チーム力などが審査される。東日本のほか、西日本、九州、東海の4会場で大会は行われ、上位チームが全国大会に出場できる。

 サイ・ダンスフィールドに所属し、全国大会への出場を決めたのは、中学生部門の「LUCIA」と「A.Dash」、小学生部門の「ちっくたっく」「N.E.S.T CREW」の4チーム。昨年は、選抜チーム「N.O.I.Z CREW」が全国大会に出場し金賞を受賞、一昨年から2大会連続で金賞に選ばれている。

 濱島さんは「4チームの金賞獲得は光栄。今年も全国での優勝を期待されると思うけれど、みんなにはのびのびと表現してほしい。全国大会は厳しい戦いになると思いますが、結果がついてきたら嬉しいですね」と話している。

個性溢れる4チーム

 濱島さんによるとチーム編成は、4月頃にサイ・ダンスフィールドに通う生徒をオーディションで選抜しており、そこからドラマは始まっているという。

 「LUCIA」は、中学1年から3年までの9人組。メンバーの中には受験生が5人いるが勉強とダンスを両立して練習に励んでいる。全国金賞経験のあるメンバーもおり、濱島代表は「4チームを盛り上げる存在。大人のようなジャズダンスで観客を魅了する」と評価する。

 「A.Dash」は、小学5年から中学3年までの16人で編成。年齢層が幅広く大家族のようなチームだという。濱島代表は「16人という大人数だからこそ栄えるフォーメーションの変化が見どころ」と話す。

 「ちっくたっく」は小学2から6年まで17人がチームを組む。全員が初出場での金賞獲得。笑顔とパワフルさが特長だ。

 「N.E.S.T CREW」は、小学2年から6年までの10人チームで、ヒップホップが魅力の実力派チームだという。

 全国大会は10月14日、川崎市とどろきアリーナで開催される。濱島さんは「52人の生徒たちと全国の舞台に立てることは、本当に夢のようです。4チームが励まし合い、良い演技が披露できたら」とコメント。また、「座間の方々にも、応援して頂けたら勇気がわきます」と話している。

座間版のトップニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

目久尻川を楽しく歩こう

目久尻川を楽しく歩こう

寒川スタートし、上流へ

12月2日~12月2日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク