座間版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

一輪車フェスタ 節目の第10回、盛大に 150人が凄技披露

スポーツ

演技を披露する相模野一輪車クラブ
演技を披露する相模野一輪車クラブ
 県内外の一輪車サークルが一堂に会する「第10回かながわオープン一輪車フェスタ in座間」が10月9日、スカイアリーナ座間で開かれ、10団体150人が演技を披露した。市内からは相模野一輪車クラブ(津田啓介監督)が出場。一体感のある演技で会場を沸かせた。

 このイベントは、誰もが見て楽しめる一輪車を多くの市民に知ってもらい、スポーツへの関心を高めてもらおうと、(公財)座間市スポーツ・文化振興財団(遠藤三紀夫理事長)が主催し、同クラブの協力で毎年開催。全国レベルの一輪車サークルが集う、県内唯一の一輪車の祭典として定着している。

 節目の10回目となった今回、関東1都3県から、10団体約150人が参加した。フィギュアスケートのように曲に合わせて片足を上げたり、ジャンプするなど、各々が磨いてきた技を披露。グループやソロ、ペアでの華麗な演技の数々に、会場からは拍手が沸き起こった。

 また、「ゆるキャラ」として全国で初めて一輪車に乗った、座間市マスコットキャラクターの「ざまりん」も登場。一輪車に乗りながら旗を振り、歓声に応えていた。

底辺拡大に一役

 10年前、スカイアリーナ座間の当時の館長が発案し始まった同フェス。同クラブも賛同し、初回から運営に携わってきた。津田監督は「どの団体も可愛らしく、素晴らしい演技を見せてくれる。競技人口の底辺を広げるいい機会」と話す。

 キャプテンの望月香織さん(19/東原在住)も、1回目から関わってきた一人。週3回の全体練習で、約50人のメンバーを引っ張ってきた。演技を終え、「1回目からずっとやってきて、節目を迎えられて嬉しい。見ている人を楽しませられる演技を、これからも追及していきたい」と充実した表情で語った。

座間版のトップニュース最新6件

県優良産業人に2事業者

創意くふう展で県知事賞

東原小福本椛帆さん

創意くふう展で県知事賞

12月8日号

来年1月に休業

ピアゴ座間店

来年1月に休業

12月1日号

県の子ども支援大賞に

相武台南口商店会

県の子ども支援大賞に

12月1日号

関東で金 いざ全国へ

座間市少女マーチングバンド

関東で金 いざ全国へ

11月24日号

高齢者の交流図り45周年

天台若竹会

高齢者の交流図り45周年

11月24日号

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新田宿の魅力、一枚に

入谷在住吉田亘廣さん

新田宿の魅力、一枚に

きづきで写真展

12月1日~12月26日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク