座間版 掲載号:2017年10月13日号
  • googleplus
  • LINE

古布を使った創作小物展を座間神社で開く 平野 せつ子さん 相模が丘在住 72歳

「楽しい」が創作の原動力

 ○…部屋に並ぶうさぎや馬、香箱といった作品の数々。骨董市などで見つけた古布を、小物として生まれ変わらせる――。そんな創作を本格的に始めてから8年、初となる作品展を、10月27日(金)から30日(月)まで座間神社で開催する。テーマは「楽しんで!!」。「作っている時は大変だけど楽しいから」と、創作できる喜びを作品に込めた。小物を組み合わせ、大きな船としたものもあり、「見ていただけると嬉しい」と微笑む。

 ○…静岡県浜松市出身。結婚後、28歳で座間へ越してきた。「刻んで縫うのが好きだった」と、様々な手芸教室に顔を出すようになり、大和市鶴間で今の講師と巡り合った。粘土で動物などの型をとり、古布で包む独特の小物創作に夢中に。「A4サイズの古布があればできちゃう」とにこやかに語る。地域でのお手玉作りなどにも参加するようになり、現在、民生委員を務めて12年目。地域の高齢者宅へ訪問するなど、見守り活動に汗を流す。「みなさんとお話しできるのがいい。やりがいがある」と優しく語る。

 ○…趣味はハイキング。最近は多忙のため行けていないものの、サークル仲間と大山へ登るのが楽しみの一つだ。「みんながいるからついて行ける。下ばかり見ていると、違う道を歩いていたことも」と笑う。4人の孫宝に恵まれ、先日も自宅へ遊びに来たという。「にんじんのおやつが大好きで。可愛いです」と頬をほころばせる。

 ○…古布を使った小物創作は、素材選びから選択肢が幅広く、「終わりがない」と言い切る。今レベルアップをめざしているのは、粘土での型取りだ。「動物を作るのは難しい」と語りつつ、来年の干支「戌」の作品作りに精を出す。「少しずつ完成に近づいて、8割から9割くらい仕上がった時が一番楽しい。みんなと違ったものを作りたい」。創作できる喜びを感じながら、世界に一つだけの力作を生み出す。

座間版の人物風土記最新6件

高橋 茂夫さん

相模が丘で開かれた「ゆめウォーク」を企画した

高橋 茂夫さん

12月15日号

大竹 博仁さん

座間市少女マーチングバンドの会長を務める

大竹 博仁さん

12月8日号

日野原 征夫さん

平成29年度神奈川県優良小売店舗表彰を受賞した

日野原 征夫さん

12月1日号

梨子本 稚子(なしもと わかこ)さん

都南自動車教習所の脳若インストラクターとして認知症予防に努める

梨子本 稚子(なしもと わかこ)さん

11月24日号

山本 俊昭さん

座間神社の宮司に就任した

山本 俊昭さん

11月17日号

木村 大輔さん

19日に開催されるオールパフォーマンスコンテストZAMAの実行委員長を務める

木村 大輔さん

11月10日号

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新田宿の魅力、一枚に

入谷在住吉田亘廣さん

新田宿の魅力、一枚に

きづきで写真展

12月1日~12月26日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク