座間版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

相武台南口商店会 県の子ども支援大賞に 相東小との取組み評価

教育

右から戸津会長、遠藤市長、松橋淳郎副会長
右から戸津会長、遠藤市長、松橋淳郎副会長
 地域での子ども支援に貢献した団体などを県が表彰する「第11回かながわ子ども・子育て支援大賞」で11月16日、相武台南口商店会(戸津信義会長)が大賞に選ばれた。同会は相武台東小学校とひまわりを活用し交流。種まきから収穫、絵画展、和紙作りなどを行っており、豊富なアイデアも評価された。

 この賞は、子ども・子育て支援活動を活性化させ、取組みが県民総ぐるみとなるよう、モデル事業を県が表彰する制度。11回目となる今回、県内の子育て支援団体などから18件の応募があった。

ひまわり通じ交流

 同会が相武台東小学校との取組みを始めたのは、13年ほど前。日産自動車座間工場が閉鎖した影響で、シャッター通りとなりつつある頃だった。「昼夜人通りが無く、ガラガラの状態。人を呼ぶためには、まず近くの人と交流しなければならないと思った」と戸津会長は振り返る。

 そこで、市の花「ひまわり」に着目し、育成を通じた地域交流を同校に提案。児童や地域住民が一体となり、種まきから収穫までを体験するようになった。

 ひまわりをただ育てるだけではなく、花開くと子どもたちに描いてもらう絵画展を実施。収穫した種はお菓子づくりなど子どもたちが思いついた方法で活用された。その後、シニア生涯学級「あすなろ大学」と連携し、育てたひまわりの茎で和紙作り体験を行うように。和紙を使った卒業証書作りなどを経て、今年は初めて大凧を制作した。

児童と顔見知りに

 取組みを始めるまでは、「学校は行きにくい場所だった」というが、今ではお互い門戸を開放。「6年間もあれば、お互い顔見知りになれる」と戸津会長は収穫を口にする。

 今後もこれまで通り取組みを続けていく予定。今年の和紙作りは、大凧用に改良を試みるという。戸津会長は「地元の子がいつか出ていくときは見送り、帰ってきたときは迎え入れる。そんな商店会であるために交流を続けたい」と話した。

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

県優良産業人に2事業者

創意くふう展で県知事賞

東原小福本椛帆さん

創意くふう展で県知事賞

12月8日号

来年1月に休業

ピアゴ座間店

来年1月に休業

12月1日号

関東で金 いざ全国へ

座間市少女マーチングバンド

関東で金 いざ全国へ

11月24日号

高齢者の交流図り45周年

天台若竹会

高齢者の交流図り45周年

11月24日号

全日本マスターズで優勝

市内在住水口さん・宮本さん

全日本マスターズで優勝

11月17日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で遊ぶ交流会

ファミ・サポ事業

親子で遊ぶ交流会

23日、サニープレイス

12月23日~12月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク