座間版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

大和芋、大きく実る 収穫終えあすから販売

経済

大和芋を手にする曽根組合長
大和芋を手にする曽根組合長
 座間市特産品に認定されている「大和芋」の収穫期が終わり、明日から販売が始まる。

 大和芋は、粘り気が強く濃厚な味わいが特徴で、長芋と比べて食物繊維を豊富に含む。1個400g程度が一般的で、大きいものでは800gにもなるという。

 市内の大和芋農家7人が所属する座間市大和芋組合の曽根将彦組合長(65)の畑では11月28日、今期最後となる収穫を終えた。

 贈り物として人気が高い大和芋だが、繊細な上、生産にほぼ1年かかるなどハードルは高い。「15年やっているけど、気候がちょっと違うだけで変わってくる。毎年1年生の気持ち」と曽根組合長。それだけに、無事収穫できた時の喜びはひとしおだという。「すって食べるのが美味しい。茶碗が持ち上がるほど粘り気があるよ」と笑顔で語った。

 大和芋はJAさがみ直売所の米ディハウスざま・くりはらなどで12月2日(土)から購入できる。

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で遊ぶ交流会

ファミ・サポ事業

親子で遊ぶ交流会

23日、サニープレイス

12月23日~12月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク