座間版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

東原小福本椛帆さん 創意くふう展で県知事賞 ソファ用コースター発明

教育

県知事賞を受賞した福本さん
県知事賞を受賞した福本さん
 東原小学校5年の福本椛帆さんがこのほど、「第76回神奈川県青少年創意くふう展覧会」で県知事賞を受賞した。福本さんは、柔らかいソファの肘掛でもコップを置けるコースターを発明。細い木材を繋ぎ合せることで、どんな大きさのソファにも対応でき、裏面に布で滑り止めを貼った工夫などが評価された。

 神奈川県、(一社)神奈川県発明協会主催のこの展覧会は、次世代を担う小中学生に発明する楽しさを感じてもらい、豊かな創造性を育もうと毎年開催されているもの。各市町村で優秀な作品として認められたものが出品され、今年は計2894点の応募があった。

 発明のきっかけとなったのは、父・康洋さんがソファの上で行う晩酌だった。「ソファの肘掛にコップを置くためのコースターが欲しい」との思いを実現するため、夏休みの工作としてコースター作りを始めた。

 柔らかい肘掛の上で、どのように安定させるか―。参考にしたのは、浴槽の巻蓋だったという。細い木材を組み合わせることで、どの大きさのソファでも調整可能にしようと考えた。

 「一番難しかった」と語るのは、木材を切る作業。全て彫刻刀の平刀を使用した。椛帆さんは、康洋さんに手伝ってもらいながら切断。「ぐりぐり切るのが大変だった」と振り返る。一本一本紙やすりで磨き上げ、木材を繋ぎ合せた。

 次の難関となったのは、コップを置く部分。安定させるため、彫刻刀で丸く彫ってくぼみを作った。「大きなコップに合わせてコンパスで円を描いた」と椛帆さん。裏面に滑り止めの布を貼りつけ、「クルクルソファコースター」が完成した。

 様々な工夫が評価され、県知事賞に見事輝いた椛帆さん。先月誕生日を迎えた祖父に、新たにコースターを作ってプレゼントしたという。「お父さんと一緒に作れて楽しかった。何か飲むときに使って欲しい」と笑顔で語った。

 また、優良賞には立野台小学校5年の本間朱夏さんの作品「クイックじょうご」が選ばれた。

細い木材を繋ぎ合せた「クルクルソファコースター」
細い木材を繋ぎ合せた「クルクルソファコースター」

座間版のトップニュース最新6件

県優良産業人に2事業者

来年1月に休業

ピアゴ座間店

来年1月に休業

12月1日号

県の子ども支援大賞に

相武台南口商店会

県の子ども支援大賞に

12月1日号

関東で金 いざ全国へ

座間市少女マーチングバンド

関東で金 いざ全国へ

11月24日号

高齢者の交流図り45周年

天台若竹会

高齢者の交流図り45周年

11月24日号

全日本マスターズで優勝

市内在住水口さん・宮本さん

全日本マスターズで優勝

11月17日号

プレミスト東林間さくら通り

小田急線「東林間」駅徒歩2分、暮らしやすさを追求した全193邸

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kanto/kanagawa/higashirinkan/index.html?cam=63&med=44

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新田宿の魅力、一枚に

入谷在住吉田亘廣さん

新田宿の魅力、一枚に

きづきで写真展

12月1日~12月26日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク