厚木版 掲載号:2017年1月1日号

(PR)

長谷寺(ちょうこくじ) 厚木長谷庭苑 花と眠る樹木葬墓

お寺とともにゆるやかな繋がりを

 市内長谷の長谷寺は950年以上の歴史がある、由緒ある寺院。戦火により3度焼けてしまった歴史を持つが、その度にお寺は復興。現在お寺が建つのはもともと森の中腹だった場所で、清水が湧く池もあった。

 「そんな緑豊かなお寺の原風景を今に再び作りたい」と昨年、寺院内に樹木葬専用墓「厚木長谷庭苑」を開いた。加藤英宗住職は「これまでの墓地はかっちりと整備されたものでしたので、女性にも親しまれる、やわらかい雰囲気のお墓を作りたいと思いました」と話す。都心を中心に「花と眠る樹木葬」を数多く手掛けている(株)アンカレッジをパートナーとし、墓苑のデザインは英国チェルシーフラワーショー5年連続金賞の庭園デザイナー・石原和幸氏が担当。西洋庭園のような心安らぐやわらかい雰囲気の墓苑を完成させた。

 樹木葬は個人用、夫婦用、家族用と多様な生き方に合ったお墓を用意している。個人墓で囲まれる円を中心に、楕円形に墓石が広がっていくデザインは、加藤住職の想いも込められている。

 「お寺を中心にした、ゆるやかな繋がりをイメージしています。お墓というのはゆっくり見守り、供養される所。お一人でも夫婦でも家族でも、先の不安から解放され、安心して”生き切る”ためのお墓です」と加藤住職。

 「繋がり」の一つとしてお寺が設けているのが「寺子屋」講座。坐禅や写経、ヨガに詩吟と、老いも若きも楽しめる集いの場だ。「皆でともに伝え合う、学んでいくのが寺子屋です」。「眠りの場」と「学びの場」。それが厚木長谷庭苑だ。

お寺の樹木葬・永代供養墓「厚木長谷庭苑」

神奈川県厚木市長谷1288

TEL:0120-979-301

https://anchorage.co.jp/atsugi-hase/

花の郷墓苑 厚木宮の里

永代供養塔好評受付中。合祀御一霊25万円より。管理費・寄付金等はかかりません

http://reiensisetu.com/miyanosato/

<PR>

厚木版のピックアップ(PR)最新6件

胃がん検診について

厚木医師会 すこやか通信【1】

胃がん検診について

9月8日号

めざすは”家族のような間柄”

かぜから内視鏡まで

めざすは”家族のような間柄”

9月8日号

知って得する!”外壁塗装”の予備知識

教えて!「外装屋さん」

知って得する!”外壁塗装”の予備知識

9月8日号

音楽のあるセカンドライフ

土門の三増獅子舞

詰合せに新サイズ登場

土門の三増獅子舞

9月8日号

「とろけるハンバーグ」本厚木に上陸

黒毛和牛・国産牛を使用した「エアリーな食感」

「とろけるハンバーグ」本厚木に上陸

9月1日号

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

油絵25点展示

油絵25点展示

アート杉山

9月9日~9月18日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/