厚木版 掲載号:2017年1月1日号

(PR)

(社福)神奈川やすらぎ会 小鮎・緑ヶ丘地域包括支援センター

地域が頼れる、誇れる相談窓口として

 「地域包括支援センター」は、私たちの生活に密着した相談機関として近年注目されている。

 市や介護、医療、福祉などの関係機関と協力して地域で暮らす人々の健康、生活、財産、権利などを守るためにおかれている機関で厚木市には10カ所に設置されている。

 ここ小鮎・緑ヶ丘地域包括支援センターは、2006年に(社福)神奈川やすらぎ会が、市から業務委託を受けスタート。昨年1月にはこれまで同会の運営する施設内にあった窓口を「地域の人たちが訪ねやすいように」と緑ヶ丘郵便局の隣のビルの1階に移した。

 スタッフは現在4人。皆さん福祉職の資格を持つ経験豊富な人たちだ。取材のために伺った年末、相談の電話対応に追われていた。緑ヶ丘地区は、市内でも高齢化率が高い地域。「2人暮らしからひとり暮らしになったご近所の方が心配」「離れて住む親の生活が不安」など相談内容は多岐にわたる。

 最近は「ちょっとお手洗いを貸して」と訪ねてくる方もいらっしゃるそうで「地域のよろず相談所」として浸透。「どなたでもご利用できます。相談ごとがなくても気軽にお立ち寄りください」とリーダーの石川さん。

 同センターでは、市と共催する健康相談「まちの保健室」などのほか、独自で毎月2回「体操教室」も開催。毎回60代〜80代の10人ぐらいの参加があるという。1月の開催は5日と19日。場所は第二森の里(飯山3425)の地域交流スペース。午前10時から。動きやすい服装で直接来てくださいとのこと。仲間づくりや健康寿命を延ばすためにも出かけてみては。

(社福)神奈川やすらぎ会 小鮎・緑ヶ丘地域包括支援センター

厚木市緑ヶ丘2-2-12 グリーンヒルズ1F

TEL:046-204-8181

http://www.morinosato.jp/

厚木版のピックアップ(PR)最新6件

『地域に愛される企業』をめざす

外装屋さんが教える「塗装」

好評!(株)アイネックスの月替わりセミナー

外装屋さんが教える「塗装」

1月6日号

4月入校生を募集

県立西部総合職業技術校”かなテクカレッジ西部”

4月入校生を募集

1月6日号

厚木の商工業発展のために

強い商工会議所へ

厚木の商工業発展のために

1月1日号

地域に根差した歯科医療を

健康を守る 生涯のかかりつけ医として

地域に根差した歯科医療を

1月1日号

「あつぎ小田急住まいのプラザ」アミューあつぎに移転

1月14日(土)リニューアルオープン

「あつぎ小田急住まいのプラザ」アミューあつぎに移転

1月1日号

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

いま「あつぎ婚」が熱い

いま「あつぎ婚」が熱い

市の婚活支援事業スタート

2月19日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年1月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/