厚木版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

2017 ―あつぎプライド― 「高齢化なんか怖くない」 “チームあつぎ”でロボット介護支援事業

経済

会合には市内各界の専門家が集う
会合には市内各界の専門家が集う
 2017年元旦号のメインテーマは「あつぎプライド」。その象徴として紹介するのが市内の産・学・官・医が連携し昨年11月に発足した、介護ロボットを活用した地域在宅高齢者支援サービス事業推進プロジェクトだ。

 同プロジェクトは地域と行政がロボットで連携して、在宅高齢者を支援する仕組みを作るもの。「さがみロボット産業特区」商品化第1号のリハビリ補助器「パワーアシストハンド」を製作したチームアトムや、市内中小企業の力でヒト型歩行ロボット「ロボコロ」を開発する厚木商工会議所のATSUMOが参加。厚木市の福祉関係部署の課長や市内医療施設の責任者も名を連ね、外部専門委員には市内大学の教授らが入った。まさに「チームあつぎ」で一丸となった陣容だ。

 プロジェクトは3カ年計画。2019年度には在宅のまま、ロボットにより病院・行政機関が連携して高齢者を介護支援する仕組みがスタートする。

 その第一歩として現在は、組織内に「ニーズ調査」「介護ロボットの情報収集」「事業モデル検討」の3グループを作成。ニーズ調査では医療法人社団三思会協力のもと、介護施設で働く看護師や介護福祉士ら約100人にアンケートを実施。仕事で大変な部分や、あったらいいロボットなど、現場の意見を聞いた。

 12月20日に開かれた会合では、ニーズ調査と情報収集の結果を報告。事業モデルの検討に向けて、2つの資料を整理していくことなどが確認された。

 プロジェクトのチームリーダーを務める北村正敏さん(チームアトム幹事長)は「今年後半には高齢者施設でのモニタリングを始めたい」と話す。その先に見据えるのは「高齢化社会なんか怖くない」と思えるシステムの構築だ。

厚木から世界へ発信

 「『周りに迷惑をかけてまで長生きしたくない』という人も、自宅で見守ってくれるシステムができれば安心できる。2020年には、高齢社会を支えるシステムを厚木から世界へ発信させたい」と北村さん。

 「技術」と「夢」が、厚木の新たな誇りを作る。

厚木版のトップニュース最新6件

家族のイルミ今年も輝く

森の里若宮公園

家族のイルミ今年も輝く

12月8日号

説明会に住民ら20人

ヨーカドー跡地

説明会に住民ら20人

12月8日号

「口から食べる」を支援

東名厚木病院

「口から食べる」を支援

12月1日号

半分は分譲マンションに

ヨーカドー跡地

半分は分譲マンションに

12月1日号

新たな産業拠点創出へ

酒井地区

新たな産業拠点創出へ

11月24日号

コンビニスタッフお手柄

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵筆に込める「生」の輝き

絵筆に込める「生」の輝き

赤瀬陽久さんの作品展示

12月3日~12月15日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク