厚木版 掲載号:2017年1月6日号
  • googleplus
  • LINE

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第49代理事長に就任した 小澤 伸悟さん 三田在住 35歳

誇りを胸に全力で

 ○…「このまちに関わる全てのひとが、真に誇りと思える厚木・愛川・清川を創りたい」。厚木・愛川・清川の3市町村の20歳から40歳までの青年経済人66人が所属。まちづくりや地域活性化活動に取り組む厚木青年会議所(JC)の2017年のテーマを「誇り〜このまちの未来を担う〜」と掲げた。「このまちに産まれ、暮らし、生きて、本当に良かったと思えるまちを創りたい」と力強く語った。

 ○…祖父は県議会議長も務めた小澤金男氏。伯父が厚木田園幼稚園理事長の小澤俊通氏。父は小沢商事(株)の代表取締役社長・小澤宏通氏。長男として、厚木市三田で生まれた。三田小を卒業後、慶應義塾大学の附属中学校へ進学。大学まで同大で過ごした。卒業後は大手銀行に就職。その後元参議院議員の小林温氏の秘書を経験した。10年前に厚木へ戻り、父の経営する不動産会社で常務取締役として勤務している。まちづくりの思想は父からの影響を大きく受けた。JC入会は2007年。「入会はごく自然な流れだった」

 ○…JCの活動については「地元の人たちと幅広く付き合える。仲間との時間は公私ともに成長のきっかけとなるものだと思う」と力強く語る。今年は夏ごろをめどに、メンバー総出の大型事業を企画。「事業の大きな柱に据えたい」と気を引き締める。「まずは家族や地域の人を巻き込んで、身近な人たちの意識を変えられるか。そうしたメンバーの想いが周囲の人に伝わることが大事」と話す。「メンバー一人ひとりが誇りを持ち、まちを良くしようという想いが溢れること」が”まちづくり”の第一歩。

 ○…妻と6歳、5歳、0歳の子ども3人の5人暮らし。子どもと遊ぶのが至福の時、とパパの顔ものぞかせる。時代の流れをくみ取りながら、青年会議所の在り方を模索する年となりそうだ。日本人として、厚木人・愛川人・清川人として、未来を創る責任ある世代として、その活動に期待大。

厚木版の人物風土記最新6件

赤瀬 陽久(はるひさ)さん

四肢まひの障がいを持ちながら創作活動を行う

赤瀬 陽久(はるひさ)さん

12月15日号

相原 千恵子さん

2017年度神奈川県保育賞を受賞した

相原 千恵子さん

12月8日号

和田 烈(いさお)さん

名誉唎酒(ききざけ)師として日本酒の魅力や食文化を伝える

和田 烈(いさお)さん

12月1日号

天野 克子さん

厚木交響楽団でコンサートミストレスを務める

天野 克子さん

11月24日号

中里 恵美麻(えみま)さん

1周年を迎える『一期一会祭り」を主催する

中里 恵美麻(えみま)さん

11月17日号

阿部 嵩さん

全国白バイ安全運転競技大会バランス走行操縦部門個人の部で優勝した

阿部 嵩さん

11月10日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク