厚木版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

市商連 LINE@を活用 イベントやお得情報を配信

経済

「厚木のまち情報」のトップページ
「厚木のまち情報」のトップページ

 一般社団法人厚木市商店会連合会(齊藤裕会長)は、無料通信アプリ『LINE』の商用サービス『LINE@』を使って、情報を発信する取り組みをスタートさせた。商連の公式アカウントを登録することで、厚木市内で開催されるイベントや商連加盟店の情報などを無料で受け取ることができる。

 商連が活用する『LINE@』は、多数の人へ一斉に情報発信できるビジネス向けのアプリ。メールマガジンに近い感覚で、登録者にメッセージやクーポンの配信ができ、アンケート投票の機能などもある。

 商連の公式アカウント名は「厚木のまち情報」で、既に100人近くが登録。商連が発行している情報誌の内容や、加盟店の店舗情報、4月に厚木公園で開催される「ハトポッポマーケット」の情報も配信していて、受け取った画面を見せることで、「とん漬け焼きそば」が500円から300円になるお得情報もこれまでに掲載している。

 この取り組みを企画したのは、商連事務局でIT&情報を担当する楠美鈴子さん。市内17商店会、700弱ある加盟店のなかで、情報発信に困っている店舗を支援する方法として、「LINE@」の活用を思いついたという。

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の情報発信に力を入れる東京都世田谷区の商店街や、国内で初めて商店街の加盟店単位でLINE@の導入を始めた熊本市の商店街の視察などを経て、約3年がかりで実現させた。

 楠美さんは「買い物をする女性や子育て世代の視点に立って、情報を配信していきたい。厚木市内には素敵なお店がいっぱいあるので、たくさんの人に知ってもらいたい。気軽にお友達登録して頂ければうれしいです」と話している。
 

右のQRコードを読み込んで、「友達登録」をすることで情報を受け取ることができる
右のQRコードを読み込んで、「友達登録」をすることで情報を受け取ることができる

厚木版のトップニュース最新6件

家族のイルミ今年も輝く

森の里若宮公園

家族のイルミ今年も輝く

12月8日号

説明会に住民ら20人

ヨーカドー跡地

説明会に住民ら20人

12月8日号

「口から食べる」を支援

東名厚木病院

「口から食べる」を支援

12月1日号

半分は分譲マンションに

ヨーカドー跡地

半分は分譲マンションに

12月1日号

新たな産業拠点創出へ

酒井地区

新たな産業拠点創出へ

11月24日号

コンビニスタッフお手柄

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵筆に込める「生」の輝き

絵筆に込める「生」の輝き

赤瀬陽久さんの作品展示

12月3日~12月15日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク