厚木版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

190kgの食品を寄付 カーブス厚木中町が「フードドライブ」

社会

さまざまな食品が届けられた
さまざまな食品が届けられた

 フィットネスクラブ、カーブス厚木中町(株式会社ロビンフッド・桐生英子代表取締役)が3月3日、障がい者の自立支援を行う特定非営利活動法人厚木あすなろの会・あすなろ第一(佐藤千絵所長)に食料品寄付を行った。2007年から始まり、11回目。

 社会貢献の一環で行われたこの活動は「フードドライブ」と呼ばれる、家庭で使い切れなくなった食品などを募り、必要とする人に届ける取り組み。カーブスでは全国の店舗で実施している。

 今回は、缶詰やレトルト食品、乾麺、調理料など約190kgが届けられた。食品はカーブス厚木中町の会員などから提供されたもの。

 寄付された食品は、同会あすなろ第二にも分けられ、給食などに活用されるという。佐藤所長は「毎年、利用者さんも楽しみにしていて、本当に助かっています」。桐生代表取締役は、「喜んでもらえることが嬉しい。協力してくださったメンバー(会員)さんに感謝しかないです」と話した。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

40周年イヤーの集大成

40周年イヤーの集大成

12月17日 厚木交響楽団が公演

12月17日~12月17日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク