厚木版 掲載号:2017年7月14日号

厚木北高

一人一人が輝ける学校に 教育

40周年 文武両道めざす

元タカラジェンヌと華麗なショーを披露する生徒ら
元タカラジェンヌと華麗なショーを披露する生徒ら
 創立40周年を迎えた県立厚木北高等学校(河原克宣校長、生徒数820人)は7月7日、厚木市文化会館で記念式典を開催した。元宝塚歌劇団のショーや生徒らによる宝塚のダンスなどが披露され、40周年を祝う式典は大きく盛り上がった。

 同校は、1978年4月に現在の県立厚木清南高等学校の敷地の仮校舎で開校。181人が入学した。80年には現在の下荻野に校舎が完成し、移転。その後96年にはスポーツ科学コースが発足。今年4月から、より専門性を高め生徒の個性を伸ばすことを目的に、同コースがスポーツ科学科として新設され(県内初)、普通科との2学科制となった。

 スポーツ強豪校として全国大会などに多くの生徒が出場している同校は、部活動への参加推進や地域との連携などを評価する「かながわ部活ドリーム大賞」で2012年に準グランプリ、15年にはグランプリに輝いている。

生徒ら16人がダンスに挑戦

 式典では第1部で実行委員会会長(中面に関連記事)や校長らが挨拶。2部は芸術文化に親しんでもらおうと、元星組の夢輝のあさんや羽純(はずみ)るいさんら、7人の元タカラジェンヌによるレビューショーが上演された。

 式典のフィナーレには、生徒ら16人が6月から練習したラインダンスや、宝塚歌劇団が使用する小道具の「シャンシャン」を使ったダンスを披露。元タカラジェンヌのはやせ翔馬さんが指導する練習風景の映像が流れると、鑑賞していた生徒らも拍手や歓声を送ってショーを盛り上げた。

 同校の河原校長は、「文武両道を目指してさらにレベルアップし、一人ひとりが輝ける北高にしていきたい」と語った。

関連記事powered by weblio


厚木版のトップニュース最新6件

新庁舎建設に検討委発足

世界が認めた「VR赤ちゃん」

神奈川工科大4年生

世界が認めた「VR赤ちゃん」

7月21日号

糸満市とスポーツ交流

厚木市

糸満市とスポーツ交流

7月14日号

全校にタブレット導入

厚木市小中学校

全校にタブレット導入

7月7日号

清水小全国へ

こども自転車大会

清水小全国へ

7月7日号

新部会を設立

厚木商工会議所

新部会を設立

6月30日号

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

介護知識を学ぼう

介護知識を学ぼう

参加者を募集中

8月25日~8月25日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/