厚木版 掲載号:2017年8月11日号
  • googleplus
  • LINE

大輪つぎつぎ1万発 文化

鮎まつり花火に53万人超

鮮やかな花火は空中に、水面には余韻の影が映る
鮮やかな花火は空中に、水面には余韻の影が映る
 第71回あつぎ鮎まつり大花火大会で8月5日、1万発が夜空に大輪の花を咲かせた。開催直前まで台風5号の進路に気をもんだ関係者たちは「これまで天候による中止はなかったので一安心した。今年も多くの人に楽しんでもらえました」と胸を撫でおろした。

 厚木市観光振興課によると花火大会には53万5000人を動員し、昨年より5千人増。打ち上げ場所の相模川河川敷(三川合流点)周辺の土手に陣取った見物客らからは、一発打ちあがるごとに歓声が。幼児があげる愛らしい「たーまやー」の掛け声で、周辺には笑顔も咲いた。

関連記事powered by weblio


好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク