厚木版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

小田急の取り組みを知る星野社長を囲んで座談会

経済

座談会で質問に答える星野社長
座談会で質問に答える星野社長
 県央地域8市2町1村の企業経営者などで組織する県央経営者会(大泉政治会長)の例会が、10月26日にオークラフロンティアホテル海老名で開かれた。

 60回目となる例会は、「小田急を知り尽くす」と題して、小田急電鉄(株)の星野晃司取締役社長を招き、初めて座談会が行われた。

 この日は、星野社長が「神奈川県央地域における小田急電鉄の取り組み」をテーマに講演。暮らしやすい沿線の実現に向けた、自治体との連携など具体例を交えて説明した。

 その後の座談会では、参加者が星野社長に質問や要望をした。小田原駅で18時台と20時台に、新幹線とロマンスカーとの接続向上を訴える要望に、星野社長は「大事な切り口で、実現したらお客様に喜んで頂ける。この段階で結論は申し上げられませんが、課題として受け止めさせて頂きます」などと回答した。

 大泉会長は「分かりやすくお話し頂き、十分に理解できた。ありがとうございます」と謝辞を述べた。同会は県央地域の交通の利便性向上を「一丁目一番地」と位置付け活動している。

1/24(水)大相撲観戦ツアー

本厚木集合「ます席B・イス席A/大相撲初場所観戦日帰りツアー」を受付中

https://www.nftd.jp/per/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク