厚木版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

ZOOM UP「次の時代 創るのは僕ら」プロスケーターを目指す 飯田泰彦さん(19)

スポーツ

使い込まれた"相棒"と
使い込まれた"相棒"と
 ▽ぼうさいの丘公園スケートパークに、夜な夜な滑走する音が響く。時には高く飛び、板を回転させ、板をひっかけて滑るなど、まるでスケートボードが足にくっついているかのように巧みに操る。大会に招待されるほどの腕前だが、「自由に、気持ちよく滑るほうが好き」と本音を漏らす。それでも「プロを目指して自分のできる最大限の事をやらないと」と闘志を燃やす。2020年東京オリンピックの種目にも追加されたスケートボード。「たとえ出られなくとも、何かしらの形で関りたい」

 ▽スケートボードに出会ったのは小学校1年のクリスマスの朝のこと。2つ離れた兄の枕元に置かれていた。板を操る様を見て、かっこいい、ではなく「楽しそう」と火がついた。両親に頼み込み買ってもらい、それからというもの、暇さえあれば家から10分の公園に通った。もちろん怪我はつきもの。歯は4回、肘は2回折ったが、ギプスをしながらも滑り続けた。「朝起きたら顔を洗い、歯を磨くような、もはや生活の一部」。

 ▽初めてスポンサーがついたのは小学5年の時。ライディング映像を制作して本厚木駅前のムラサキスポーツに持ち込んだ。大会にも当時から参加しており、両親と3人の兄弟、同居する祖父母も応援に駆け付けていた。現在は同店の無料スクールで講師も務める。小学校の時に習っていたピアノの経験を生かし、ライディング映像に自分で製作した音楽をのせることも。

 ▽19歳とはいえスケート歴10年超。業界内では顔が広い。「将来はスケートに関わる仕事に就けたら」。板を抱えて国士舘大学に通学し、アルバイトをしながら合間を縫ってスケートする毎日。「好きなことだけをしていてもダメ。将来の幅を広げるために、今も大事に」と、スケート仲間と勉学も切磋琢磨している。「一般的にはスケートに良いイメージがないかもしれない」と分析。「次の時代を創っていくのは僕らの世代。考えて行動していかないと」。市内長谷在住。

1/24(水)大相撲観戦ツアー

本厚木集合「ます席B・イス席A/大相撲初場所観戦日帰りツアー」を受付中

https://www.nftd.jp/per/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク