FC厚木から年代別日本代表

OBの熊澤君がU―16に選出

掲載号:2016年7月15日号

  • googleplus
  • LINE
U―16の齊藤コーチ(左)、FC厚木の安藤監督(右)が訪れた流経柏高の試合で先発出場した熊澤君(安藤監督提供)
U―16の齊藤コーチ(左)、FC厚木の安藤監督(右)が訪れた流経柏高の試合で先発出場した熊澤君(安藤監督提供)

 市内中学生サッカークラブ・FC厚木ジュニアユースDREAMS出身の熊澤和希君(流通経済大学付属柏高1年)が16歳以下(U―16)のサッカー日本代表に初選出され、7月11日から19日までの中東・オマーン遠征に参加している。

 U―16日本代表は来年行われる17歳以下のワールドカップ出場をめざすチーム。今回の招集メンバーの中にはFCバルセロナの下部組織にいた久保建英君が入るなど、未来の日本代表を担う選手たちが選ばれている。

 2001年生まれの熊澤君は小田原市出身。FC厚木時代は主に中盤の要・ボランチとして活躍。3年次には背番号10と主将を任され、クラブユース選手権の県大会ではクラブ史上初となる優勝をもたらした。

 流経柏高では1年生ながら、全国の強豪校やJリーグユースで構成される「高円宮杯U―18サッカーリーグ プレミアリーグ」に出場。代表合流前に行われた柏レイソルU―18との対戦では初めて先発でプレーするなど、頭角を現している。

 味方をうまく使うプレーが特徴の熊澤君。初の代表招集に「他のメンバーとも初めて一緒にやるので、どういうプレーが求められているのか考えたい」と話す。遠征では16歳以下のオマーン代表と2試合を行う。「フィジカルでやられてしまう場面もあると思うが、上手くかわしていきたい」とイメージを膨らませた。

 夢は世界でトッププレーヤーになること。目標とする選手はFCバルセロナで活躍する、スペイン代表のイニエスタだ。

 中学の3年間見守ってきた、FC厚木の安藤貴純監督は「チームOBから年代別代表に選ばれるのは初めて。後輩たちも応援しているので、(9月に行われる)U―17W杯のアジア予選のメンバーにも残ってほしい」とエールを送った。

厚木版のローカルニュース最新3件

関連記事(ベータ版)

さあ、ダイワで預金!

【新規のお客さま限定】夏の特別金利キャンペーン

http://www.daiwa.jp/campaign/1706dnb/

不動産の無料査定・建物無料診断

小田急不動産・小田急ハウジングの信頼できるプロが最適な住まいをご提案します

http://www.odakyu-fudosan.co.jp/

<PR>