郷土食で知る風習

30日、おこと汁づくり講座

掲載号:2017年9月8日号

  • googleplus
  • LINE
お月見団子を作った昨年の様子
お月見団子を作った昨年の様子

 明日9月9日は重陽の節句。中国由来の行事で、日本では平安時代ころに、厄払いや長寿祈願の宮中行事として取り入れられ、江戸時代には五節句の一つとして、広まりをみせた。

 日本古来の風習や文化の伝承に力をいれる厚木市郷土資料館では9月30日(土)、郷土食のおこと汁と大葉焼きもちを作る無料講座を開催する。午前10時〜正午まで、荻野公民館調理室。

 おこと汁とは別名「六質汁(むしつじる)」とも呼ばれ、旧暦12月8日と2月8日に、無病息災を願って食べる味噌汁のこと。郷土資料館では「幼児からお年寄りまで、幅広い年代の人に参加してほしい」と呼びかける。定員は30人、要事前申し込み。エプロンとバンダナを持参のこと。9月20日(水)締切り。

 問合せ・申込みは同館【電話】046・225・2515へ。

郷土食「おこと汁、大葉焼きもち」を作ろう!

2017年9月30日

10:00開始 〜 12:00終了

事前申込みが必要

神奈川県厚木市中荻野594の1荻野公民館

費用:無料

  • googleplus
  • LINE

厚木版のローカルニュース最新3件

花の郷墓苑 厚木宮の里

永代供養塔好評受付中。合祀御一霊25万円より。管理費・寄付金等はかかりません

http://reiensisetu.com/miyanosato/

<PR>