伊勢原版 掲載号:2015年5月22日号

いせはらあやめの里

17年度で廃止へ 社会

担い手不足 財政難ひびく

30年にわたり栽培を続ける柏木さん
30年にわたり栽培を続ける柏木さん
 かながわ花の名所100選の一つ、小稲葉地区の「いせはらあやめの里」が、2017年度で廃止されることが分かった。これに伴い、毎年恒例の「あやめまつり」も今年から中止に。減反政策の一環として地元農家が花ショウブを育て30年。農家の高齢化と担い手不足、これに事業を支援してきた市の財政難が重なり、”紫”の名所が元の水田に戻ることになった。

 あやめの里には、およそ200種・1万2千株の花ショウブやアヤメが咲く。見ごろは毎年6月上旬から中旬で、色鮮やかな紫色を楽しみに毎年多くの人が市内外から集まる。昨年のあやめまつりには、9日間で1万1千人が来場した。

 栽培が始まったのは1985年。減反政策により水田転作が行われることになり、地元農家の有志が「大田地区観光農業推進組合」を結成。年々規模を拡大しながら市民主体の栽培が進んでいった。

 見ごろが1カ月程度と短い花ショウブだが、一方で除草や植え替えなどは通年にわたる。そのため参加農家の離脱もあって94年には組合が解散。市は翌年から現在の「(公財)市みどりのまち振興財団」に業務を委託し、里の維持管理を支援。あやめまつりも財団の主催で続けられた。

 2015年時点で栽培を続ける農家は、わずか2軒。農家の高齢化と後継者不足は深刻で、市民主体で里を維持していくことが困難な局面を迎えた。さらに、市の財政健全化に向けた事業見直しが進む中、あやめの里もその対象となった。

 昨年度はおよそ590万円があやめまつりを含めた事業費として計上された。仮に栽培農家がなくなってからも里を維持する場合、市農業振興課の府川克己課長は「まつりを開催しないとしても人件費などを含め昨年度の590万円はゆうに超える」と試算する。

 こうした背景のもと、市は地元農家や地権者らと協議を重ね、今年2月に里の廃止が決定した。

 府川課長によると、今後は財団に委託していたおよそ55アールを今年度中に原状回復し、地権者に返還。17年度までにすべての支援を打ち切る予定だ。

見ごろは6月見学も可能

 「私の命の限り育てていきたいですね」。組合の発足当時から今も栽培を続ける柏木兵一さん(84歳)は、市の通達を受けてからも毎日里に足を運んでいる。

 今年は生育の遅れが心配されたが、12日の大雨が天の恵みとなったという。「6月上旬か中旬には見ごろを迎えます」と柏木さん。

 あやめの里が伊勢原の観光名所の一つであることから、市観光協会の鍛治栄一事務局長も「今年もあやめがきれいに咲きます。ぜひ多くの皆様に足を運んでいただきたい」と呼びかける。

 今年、祭りは中止だが、あやめの里へ行って見学は自由にできる。

伊勢原版のトップニュース最新6件

伊勢原消防発足50年

2年ぶり芸術花火

2年ぶり芸術花火

1月20日号

「平穏で順調な年」

校歌板を寄贈

伊勢原高校同窓会

校歌板を寄贈

1月13日号

東京で初陣飾る

伊勢原手作り甲冑隊

東京で初陣飾る

1月6日号

1137人が門出

伊勢原市成人式

1137人が門出

1月6日号

関連記事(ベータ版)

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大納涼まつり

7月29・30日

大納涼まつり

伊勢原大神宮境内

7月29日~7月30日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/