伊勢原版 掲載号:2017年1月6日号
  • googleplus
  • LINE

一つひとつ丁寧に 社会

大山菜の漬け込み作業

漬け込み作業
漬け込み作業
 市内子易の大山菜加工所で「おおやま菜漬」の漬け込みが始まっている。

 大山菜は別名「子易菜」とも言われるカラシナの一種で、江戸時代から先導師旅館でも振る舞われてきた。生産者の減少により収穫量も減ったが、今年も農家6軒で3トンを収穫した。

 12月下旬には漬け込み作業が公開され、手作業で一つひとつ丁寧に塩漬けする昔ながらの工程でおおやま菜漬が作られた。同所では「今年は程よい寒さで、大山菜本来の辛さがよく出ている」という。おおやま菜漬は市内JA直売所で2月中旬ごろまで販売される。

関連記事powered by weblio


伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク