伊勢原版 掲載号:2017年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

伊勢原高校同窓会

校歌板を寄贈 教育

創立90周年に向けて準備

生徒会役員と寄贈に訪れた同窓会メンバー
生徒会役員と寄贈に訪れた同窓会メンバー
 神奈川県立伊勢原高等学校同窓会(田中昇会長)が、2018年に創立90周年を迎える同校に、記念として校歌板を寄贈した。1月10日には同校体育館で贈呈式が行われ、全校生徒で校歌を斉唱した。

 伊勢原高等学校は、1928年に市内伊勢原の大福寺で私立伊勢原実科女学校として開校した。2年後に現在の場所へ移転。1949年には県に移管され、神奈川県立伊勢原高等学校となった。校訓は自立・友愛。

 同校では、創立90周年に向けた取り組みのひとつとして、昨年度の新入生から制服を一新。大山や桔梗、あやめの色を取り入れるなど伊勢原らしいデザインで、「これからの伊勢原高校」をアピールした。

 体育館に校歌板がない同校では、これまで校歌を斉唱する際1番のみを歌ってきたという。そこで、同窓会では設置を検討。90周年記念事業として学校と連携しながら企画を進めた。新しい校歌板は、体育館のステージ横に設置。遠くからも文字が見やすい黒板のようなデザインを採用した。

 1月10日には贈呈式が行われ、全校生徒が出席。設置を記念して校歌を3番まで斉唱した。田中会長は、「90周年に向けてさらに盛り上がるよう、同窓会として力を尽くしたい」と話し、生徒たちからは感謝の言葉が贈られた。

 市川範朗校長は「校歌板の設置はひとつの節目として良い記念になりました。これからも活躍する卒業生たちを育てていきたい」と話した。同校では2018年11月に90周年記念式典も予定。今後も準備を進めていく。

関連記事powered by weblio


伊勢原版のトップニュース最新6件

伊勢原詰め込みPR

故郷の「中秋節」楽しむ

コンビニで住民票

伊勢原市

コンビニで住民票

10月6日号

半世紀の節目祝う

伊勢原飲食店組合

半世紀の節目祝う

9月29日号

道灌までカウントダウン

手書き地図で大山再発見

伊勢原版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク