伊勢原版 掲載号:2017年3月3日号

設立10周年を迎えた桜台小学校子ども安全見守り隊で会長を務めている

越水 崇史さん

越水行政書士事務所所長 44歳

「繋がり」を増やしていく

 ○…お揃いの緑色のジャンパーとキャップを身に付け、「いってらっしゃい」「おかえり」と笑顔で声を掛ける。子どもたちが元気に安全に学校へ通えるよう、雨の日も雪の日も、暑い日も寒い日も登下校を見守り続けてきた「桜台小学校子ども安全見守り隊」が、設立から10周年を迎えた。「地域の人たちの関わりが希薄になりつつある現代、こういった繋がりが求められていると思う」と話す。

 ○…自身が見守り隊に加入したのは6年前。同小学校PTA会長の任務を終えたところで声を掛けられた。実際に自分が道に立った感想は「大変」と笑う。「毎日活動を続けてきた先輩たちには頭が下がります。高い志には本当に感謝です」。子どもたちからのハイタッチや、いつもありがとうの言葉が、隊員たちの活動の原動力。「地域の子どもたちを見守りたいという気持ちが大切。子どもたちには自分で考えて行動できる子になって欲しい」と語る。

 ○…伊勢原生まれ伊勢原育ち。自身も桜台小学校の卒業生。「当時から学校が大好きでした」と話す。中学時代のバスケ部では進んで記録をとり、高校時代は吹奏楽部でチューバを担当するなど”支える”人に自然となっていた。大学卒業後は自動車販売会社へ。丁寧な説明をする接客を見たお客さんから「行政書士に向いている」と言われ、勉強を開始。退職後約半年で資格を取得し、33歳の時に事務所を立ち上げた。「困っている人の話を聞いて、解決へ導く。やっぱり”支える”ことが好きです」

 ○…趣味は仕事と地域活動、そして寝ること。「仕事バカなのかもしれない」と笑う。行政書士としての仕事が生活の中心だが、見守り隊のほかにも地域の様々な団体に所属。家族みんなで積極的に活動している。「多くの人と様々な活動をするなかで見えてくるものがある。それを活かして、人と人を自分が上手く繋ぎ、地域全体が良くなっていけば」と微笑んだ。

伊勢原版の人物風土記最新6件

重田 恵美子さん

彫刻家で日本遺産「大山詣り」シンボルモニュメントを制作した

重田 恵美子さん

5月19日号

金子 茂浩さん

大山観光電鉄(株)の社長を務める

金子 茂浩さん

5月12日号

磯部 千津子さん

伊勢原市子ども会育成会連絡協議会の会長を務める

磯部 千津子さん

5月5日号

大泉 政治さん

県央経営者会の会長を務める

大泉 政治さん

4月28日号

村山 恵子さん

陶芸作家として市内でワークショップを開催している

村山 恵子さん

4月21日号

柴田 怜那さん

東海大学湘南学生会の会長に就任した

柴田 怜那さん

4月14日号

関連記事(ベータ版)

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/